※ホームページ改装中につき 一部見えにくいかと思います。

ADHDの3つの治療法<知識として知っておくべきこと>

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログマスターのねむ。です。

 

今回は、ADHD治療

というテーマでまとめてみました。

ではいきましょう!

 

 

ADHD治療方法

薬物療法

ADHDの治療方法1つ目は薬物療法です。

基本的にADHDの傾向が重度の方に多いと思います。

 

ADHD以外にも、発達障害や抗うつなどの場合はこの薬物療法や下にあるカウンセリングを行うことがほとんどだと思います。

 

ADHDの場合に使う薬物は主に3つあって、

  • ストラテラ(アトモキセチン)
  • コンサータ
  • インチュニブ

が有名です。

 

詳しくは今後の記事でそれぞれ解説します。

 

 

 

ADHD治療方法

カウンセリング

ADHDの治療方法2つ目はカウンセリングです。

基本的にADHDの傾向が中度から重度の場合に多いと思います。

 

病院や診療所などに週に1回だったり、月に数回ほど通います。

 

カウンセラーや病院の先生と話します。

最近の悩みについて話したり、困っていることを話すことで気持ちが楽になったり、アドバイスをもらって生活での苦労を減らすことが目的です。

 

上に書いた薬物療法とセットで行われる場合が多いです。

 

 

 

ADHD治療方法

医療に頼らない

ADHDの治療方法3つ目は医療に頼らない治療方法です。

ADHDの傾向がゼロか程度の場合がこれに当てはまります。

 

治療において医者や薬に頼らず、自分や友人の力で行う治療方法です。

 

私もADHDの傾向はあるものの程度で言うと低いそうなので薬物療法は行わず、通院も不要と言われました。

 

💡まとめ。

今回は、ADHDあるある3選!

というテーマで書いてみました。

 

最後に今回の記事を簡単にまとめて記事を書き終わります。

 

 

薬物療法

ADHDの傾向が重度の方に多いです。

 

ADHDの場合に使う薬物は主に3つあって、

  • ストラテラ
  • コンサータ
  • アドモキセチン

が有名です。

 

詳しくは今後の記事でそれぞれ解説します。

 

 

カウンセリング

ADHDの傾向が中度から重度の場合に多いと思います。

 

病院や診療所などに週に1回だったり、月に数回ほど通います。

 

上に書いた薬物療法とセットで行われる場合が多いです。

 

 

医療に頼らない

ADHDの傾向がゼロか程度の場合がこれに当てはまります。

 

治療において医療機関や薬物を使わず、自分や友人など、の力のみでおこなう療法と考えています。

 

 

 

 

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

ねむ。のCafeホームに移動します。)

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です