【知らなきゃ損!】トーマス・エジソン~成功者に学ぶ発達障害~

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

このブログのマスター、ねむ。です!

 

 

今回は、発達障害を持っていて成功した

トーマス・エジソンさんついてにまとめてみました!

 

 

 

 

ねむ。
ねむ。
本名は
トーマス・アルバ・エジソン!

 

 

Wikipedia より引用

 

 

 

生い立ち

 

1874年の2月11日にオハイオ州で生まれました。

7人兄弟の末っ子で、あだ名はアルだったそうです。

 

幼いころから”知りたがり”のエジソンは、

小学校での授業中にも「1+1=2」と教わったとき、

粘土2つを合わせたら1つの大きな粘土になるから

1+1が2になるのはおかしい

という風にして教師を質問攻めにしていたそうです。

 

あるとき、物が燃える理由について疑問を持ってわらを

燃やしていると、そのまま小屋を燃やしてしまいます

 

問題行動が続いたので、入学して

3か月で小学校を退学させられます。

 

このような少年時代を送っていましたが、

母親も手伝ってさまざまな発明を行っていきました。

 

 

 

主な活動

 

発明家ということもあり、いろいろなものを発明しています!

中でも、一番有名なのは電球フィラメント)ですよね。

”フィラメント”とは、白く輝いている部分です

 

もともと電球はなく、ガスロウソクが多く使われていました。

そこで、エジソンは”竹をフィラメントとして使えば

長い時間使えるのではないか”と考え、実際に試してみることに!

そうすると、実際に200時間点灯したので、

白熱球”として商品化することが出来ました。

 

 

その他にも蓄音機いまでいうミュージックプレイヤー

を発明したりと、発明家としていろいろな作品を発明していました。

 

 

 

どのような影響を与えたか

 

エジソンさんの持っていた発達障害は、

ADHDといわれています。

私と同じですね。

 

エジソンさんの場合、物が燃えることへの興味から

小屋を燃やしてしまったり、あるときには

ダチョウの卵かえそう何時間も抱えて座っていたり、

興味がわくとすぐに行動してしまっていました。

 

また、成功に与えた影響に関しては次の内容にまとめています。

 

 

 

 

なぜ成功したのか

 

エジソンさんが成功した理由は長い時間向き合えたからです。

ADHDということもあり、なことには人1倍の集中力を保てます

 

だからこそ1万回失敗しても挑戦を続けたり、

 

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ。

 

という名言を残せたのかもしれません。

 

何度失敗しても、成功するまで1つのことに向き合う。

これが成功へのカギとなったのでしょう。

 

 

 

意外なエピソード・魅力

 

意外なエピソードというより、衝撃のエピソードがあります。

それが、妻に対して君は誰だっけ発言です。

 

ADHD特有の1つの事に集中すると他のことを

完全に忘れてしまういわゆる過集中)で、

エジソンさんが考え事をしているときに

妻が話しかけに来ると「君は誰だっけ?」と言い、

怒らせてしまうことがときどきあったそうです。

 

 

次に、魅力です。

上でも書いたようにこんな名言も残しています。

 

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ。

 

このフレーズはきっと多くの方が聞いたことがあるはずです。

この言葉もとてつもない魅力を持っていると思います。

 

実際に1万回も失敗してもなお諦めずに試行錯誤を繰り返して

成功者となったので、信頼感もありますね。

その信頼感も魅力の1つと言えるでしょう。

 

 

 

 

💡まとめ

 

今回はトーマス・エジソンさんについてまとめてみました。

数々の発明品の裏にあった、成功へのカギともいえる発達障害

 

エジソンさんがやったように、自分の興味を持ったことは

とにかく時間をかけてみる。

これが成功へのカギとなってくれるはずです。

 

自分の好きなこと、興味を持ったことに

まずは時間をかけていきましょう!

 

 

飽きてしまったら途中で辞めても構いません!

そして、また次へ挑戦していきましょう!

挑戦することに大きな意味がありますからね!

 

でわ、今回も最後までありがとうございました!

またのご来店、お待ちしてます!

 

 

(画像タップでねむ。のCafeのトップ画面に移動します。)

 

 

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です