別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

ADHD夫婦の離婚理由と対処法【明日からすぐ実行できる!】

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログマスターのねむ。です。

 

今回は、ADHD夫婦の離婚理由と対処法

というテーマでまとめてみました。

ではいきましょう!

 

 

離婚する理由

まず、ADHDの夫婦おける離婚する理由について説明します。

 

ADHDの夫婦が履行するのは次の4つの理由が主な例です。

 

ADHD持ち夫婦が

離婚する理由

価値観が合わない

ADHDの人と、そうでない人とでは価値観が合わないと感じる瞬間が日常生活でよくあります。

 

例えば、いやなことへの取り組む姿勢だったり。

 

ADHDではない人は苦手なことにもなんだかんだ取り組めます。

それに対して、ADHDの人は、自分のやりたくないことはかたくなに拒否する人が多いと思います。

 

こういった違いなどから互いに理解できない存在と感じ、離婚する夫婦も存在します。

 

 

 

ADHD持ち夫婦が

離婚する理由

約束を守らない

ADHDの人は、約束を守れない人が多いです。

時間に関する約束も、禁止事項に関する約束も、怒られた際にした約束も忘れがちです。

 

私も約束はなかなか守れません。

時間に関する約束も、結構破っちゃうことが多いです。

 

約束の時間になってから準備を始めたり、待ち合わせの時間に家から出たり。

 

忘れているので反省した様子すら感じられないことも離婚する理由につながっているのかもしれません。

 

 

 

ADHD持ち夫婦が

離婚する理由

片づけをしない

ADHDの人は、散らかすことは得意ですが片づけをすることは大の苦手です。

 

私も散らかすことに関しては才能があります。

どんなにきれいな人の部屋でも30分あればお手の物です。

 

片づけが苦手な理由に関しては以前記事にまとめているのでよろしければ読んでいってください。

 

片付けができない理由<きっとあなたも苦手な片付け>

»片付けができない理由<きっとあなたも苦手な片付け>

 

 

 

 

ADHD持ち夫婦が

離婚する理由

ADHDだと知ったから

ADHDだと知らずに結婚し、しばらくしてから夫(妻)がADHDだと知ってから離婚する夫婦もいます。

カップルの段階でADHDだと知ってわかれる方もいます。

 

だからといって、最初のうちから「私はADHDを持っています。」というのにも勇気がいりますよね💦

その時点で相手に見捨てられることだってありますし・・・。

 

 

 

離婚しないためにできること

上のような状態にならないためにできそうなことを3つ紹介します。

 

 

離婚しないために

できる対策

相手のことを理解する

相手のことを理解してあげることが1番大切なことだとおみます。

価値観が違うのは仕方のないことです。

 

だからといって自分の考えを押し付けあうのではなく、相手の言っていることをまずは聞いてみる。

 

ADHDにかかわらず、女性の場合は話を聞いてもらえることで満足感を感じる方がほとんどです。

 

まずは相手の言っていることを聞いてみて、妥協できることは妥協していく。

 

互いに押し付けあわないことが何よりも大切なことだと思います。

 

 

 

離婚しないために

できる対策

理解できるまでしっかり説明する

ADHDの人とそうでない人では理解力や考え方に差が出ます。

 

これが原因でだいたいはけんかに発展します。

 

私の場合はよく”主語が足りないから何を言ってるのかわからない!”と怒られることが多いです。

 

自分の知識や考え方は相手と違います。

 

なので、自分なりに伝わるように説明してみる。

 

それで相手が理解できなかったら、わからない部分をしっかり伝えて、話を聞く。

 

互いに理解への壁をなくすことができればけんかの量も減り、離婚する可能性も大きく下がります。

 

 

 

離婚しないために

できる対策

事前に伝えておく

相手がADHDだと知ったから離婚した!という状況を作らないための方法です。

 

先にADHDであると相手に伝えておく。

 

それが離婚しないための対処法の1つです。

もうすこし解説できることがあるかなと思うので後日まとめます。

 

»Coming Soon

 

 

 

 

どうしようもないときには・・・。

もう夫婦としてやっていけない!という場合には、2つの選択肢があります。

 

離婚するという選択肢

自分なりに相手のためになりそうな行動をがんばってみたけどえからもうまくいきそうにない・・・。

 

そんな場合には、離婚するということも1つの手段なのかもしれません。

 

離婚するということは、何かと大変ですよね。

相手の両親に伝えたり、親戚とも気まずくなるかもしれないし・・・。

 

子供がいれば真剣でもめたり。

 

わかれることでさみしさを感じることもあるはずです。

 

でも、本当につらいのなら、よく考えて、相手と話し合って、1歩踏み出すことも時には必要になります。

 

 

余裕があるのなら・・・

まだ精神的に余裕のあるのなら、もうすこし一緒にいることをおすすめします。

 

理由は2つあって、

①互いになれていく

②なんだかんだ面白い生活になる

という理由です。

 

互いになれていく

上にまとめた3つの行動をおこなっていくことで、互いに苦労が減り、生活に慣れていくと思います。

 

  • 相手のことを理解する
  • 理解できるまでしっかり説明する
  • 事前に伝えておく

 

まだ精神的に余裕があるのならば、これらの行動で苦労を減らしていってください。

 

 

なんだかんだ面白い生活になる

ADHDの人と一緒に生活をするのって、きっと面白いと思います。

もちろん、苦労することも多いはずです。

話が通じなかったり、約束を破られたり、片づけができなかったり。

 

でも、なんだかんだ楽しいはずです。

 

先の読めない映画やドラマ、小説って楽しくないですか?

それと同じで、先の読めない行動をとるのがADHDの魅力なので、なんだかんだ一緒にいると楽しくなるはずです。

 

💡まとめ。

今回は、ADHD夫婦の離婚理由と対処法【明日からすぐ実行できる!】

というタイトルで記事を

書いてみました。

 

短く要点をまとめて

記事を終わりにします。

 

 

離婚する理由

ADHDの夫婦が履行するのは次の4つの理由が主な例です。

 

 

価値観が合わない

ADHDの人と、そうでない人とでは価値観が合わないと感じる瞬間が日常生活でよくあります。

 

ADHDではない人は苦手なことにもなんだかんだ取り組めます。

それに対して、ADHDの人は、自分のやりたくないことはかたくなに拒否する人が多いと思います。

 

 

 

約束を守らない

ADHDの人は、約束を守れない人が多いです。。

 

忘れているので反省した様子すら感じられないことも離婚する理由につながっているのかもしれません。

 

 

 

 

片づけをしない

ADHDの人は、散らかすことは得意ですが片づけをすることは大の苦手です。

 

片づけが苦手な理由に関しては以前記事にまとめているのでよろしければ読んでいってください。

 

片付けができない理由<きっとあなたも苦手な片付け>

»片付けができない理由<きっとあなたも苦手な片付け>

 

 

 

 

ADHDだと知ったから

ADHDだと知らずに結婚し、しばらくしてから夫(妻)がADHDだと知ってから離婚する夫婦もいます。

カップルの段階でADHDだと知ってわかれる方もいます。

 

だからといって、最初のうちから「私はADHDを持っています。」というのにも勇気がいりますよね💦

その時点で相手に見捨てられることだってありますし・・・。

 

 

 

離婚しないためにできること

上のような状態にならないためにできそうなことを3つ紹介します。

 

 

 

相手のことを理解する

相手のことを理解してあげることが1番大切なことだと思います。

価値観が違うのは仕方のないことです。

 

だからといって自分の考えを押し付けあうのではなく、相手の言っていることをまずは聞いてみる。

 

互いに押し付けあわないことが何よりも大切なことだと思います。

 

 

 

 

理解できるまでしっかり説明する

ADHDの人とそうでない人では理解力や考え方に差が出ます。

 

これが原因でだいたいはけんかに発展します。

 

まず、自分なりに伝わるように説明してみる。

 

相手が理解できなかったら、わからない部分をしっかり伝えて、話を聞く。

 

互いに理解への壁をなくすことができればけんかの量も減り、離婚する可能性も大きく下がります。

 

 

 

 

事前に伝えておく

中にはADHDに対して偏見や恐怖心などを持ち、恋人や夫婦でありたくないと考える方もいます。

 

なので、先にADHDであると相手に伝えておく。

 

離婚しないための対処法の1つです。

これに関しては、もうすこし解説できることがあるかなと思うので後日まとめます。

 

»Coming Soon

 

 

 

 

どうしようもないときには・・・。

もう夫婦としてやっていけない!という場合には、2つの選択肢があります。

 

離婚するという選択肢

離婚するということも1つの手段なのかもしれません。

 

わかれることでさみしさを感じることもあるはずです。

 

でも、本当につらいのなら、相手と話し合って、1歩踏み出すことも時には必要です。

 

 

余裕があるのなら・・・

まだ精神的に余裕のあるのなら、もうすこし一緒にいることをおすすめします。

 

理由は次の2つです。

 

互いになれていく

上にまとめた3つの行動をおこなっていくことで、互いに苦労が減り、生活に慣れていくと思います。

 

  • 相手のことを理解する
  • 理解できるまでしっかり説明する
  • 事前に伝えておく

 

まだ精神的に余裕があるのならば、これらの行動で苦労を減らしていってください。

 

 

なんだかんだ面白い生活になる

ADHDの人と一緒に生活をするのって、苦労も多いはずですがきっと面白いと思います。

 

でも、なんだかんだ楽しいはずです。

 

先の読めない行動をとるのがADHDの魅力なので、なんだかんだ一緒にいると楽しくなるはずです。

 

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

ねむ。🌙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です