誰もが癒される素敵な空間に!

ADHD × デザイン【実は人より得意!?】

No Image|ねむ。のCafe

こんにちは、ねむ。です。
この記事では、ADHDとデザインについてまとめていきます。

ADHDを持つ人は、デザインが得意と言われることがあります。
私自身も感じている部分があるので、ぜひ最後まで読んでみてください!

ではいきましょう!

この記事を書いている人

ひかりねむ。

ねむ。

高校3年生でブログを書いています。

このブログでは、ADHDやHSPなど、マイノリティーに関する情報をまとめています。  

スポンサードリンク
この記事の目次

ADHDを持つ人の中にデザインが得意な人が大い理由。

まずは、ADHDを持つ人がデザインが得意だと言われている理由についてまとめていきます。
ズバリ、これに限ります。

クリエイティブな分野であるから。

ADHDを持つ人は、アイディアを出すのが得意なので、クリエイティブな分野で能力を発揮します。

どんなデザインが得意なのでしょう。

中でも、どういったデザインが得意なのかを紹介します。

絵やイラストを書く

絵やイラストを書く、というのはきっとイメージがしやすいはずです。
ジャンルは人それぞれですが、絵を書くことが得意な人は多いです。

Webデザイン

Webデザインは、WebサイトやポスターなどをPCやタブレットなどでデザインすることです。
私はブログをきっかけに興味を持って始めました。

趣味であり、仕事にしたいと思っています。

個人的には、Webデザインがおすすめです。

私個人的には、絵を書くことよりもWebデザインのほうがおすすめします。
その理由がこの3つです。

  • 伸びている業界である。
  • 手軽に始められる。
  • やっていて楽しい。

好きな分野なので、詳しく解説します。

スポンサードリンク

Webデザインがおすすめな理由①

伸びている業界である。

Webデザインは、伸びている業界です。
中には、「AIで自動化されるからオワコン」だと言う人や、「増えすぎて飽和している」という意見もあります。

確かに、事実かもしれないですが戦略立てて、オリジナリティーあるデザインを作ることができればまだ戦えると思います。

Webデザインがおすすめな理由②

手軽に始められる。

初期投資もかなり安く、手軽に始められます。
最低限必要なものが、パソコンだけです。

パソコンさえあれば、それ以上はお金をかけずにできることもあります。
デザインは無料のツールで、画像は無料のフリー素材で、勉強はYouTubeやGoogleで、・・・。

なので、初期投資はとても小さくて済みます。
家にパソコンがある人はいますぐスタートできますね。

Webデザインがおすすめな理由③

やっていて楽しい。

最後は、個人的な感想です。
やってて、楽しい。

これに尽きます。

  • Webサイトのデザインを考える。
    →楽しい。
  • Webサイトの勉強をする。
    →楽しい。
  • Webサイトをカスタマイズする。
    →楽しい。

ときにはしんどく感じたり、いいアイディアが出てこないときはやめたくなる瞬間もあります。
ですが、やっぱり楽しいです。

楽しいは物事をする上で最強の理由です。

スポンサードリンク

絵を書くことも、NFTを学ぶといいかもしれません。

ちょっと脱線しますが、絵を書くことはNFTと組み合わせれば伸びるスピードが大きく変わると思います。

NFT、私自身はあまりわかっていないですが、Twitterを見ているとときどき見かけます。

絵を書く → NFTにする → 高額で売れる

こういったことができるらしいです・・・。
絵を書くことが好きな人はNFTも一緒に勉強してみてください!

プログラミングやスポーツが得意な人もいます

この記事ではデザインについてまとめてみました。
ですが、ADHDを持つ人は他にも得意とされているものがあります。

プログラミングスポーツです。
こちらも、ぜひ興味を持っていたら読んでみてください!

>>プログラミング
>>スポーツ

ADHDについてもっと詳しく知りたい方へ!

ADHDの記事一覧

ADHDについて、このサイトではかなり深くまとめています。

なので、もっと学びたい方はぜひこちらから気になる記事を読んでみてください!

No Image|ねむ。のCafe

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事の目次