別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

ADHDが苦手なお金の管理<一緒に対策しましょう!>

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログマスターのねむ。です。

 

今回は、ADHDが苦手な自分のお金の管理

というテーマでまとめてみました。

ではいきましょう!

 

 

 

お金の管理が苦手な理由

ADHDの人がお金の管理が苦手なことには、次の3つが原因とされています。

 

 

ADHDの人がお金の

管理が苦手なワケ

無駄遣いが多い

ADHDの人がお金の管理が苦手な理由1つ目は無駄遣いが多いといからです。

 

無駄遣い、もうすこし限定すると衝動買いです。

 

友達が持っているものを見て、なんだかほしくなって、買ってみた。

でも、自分にとっては必要なものではなくて・・・。

 

こういったことがADHDの人には多いことだと思います。

私もこれが原因で小遣いが足りずに親にお願いしたことが何度もありました。

 

衝動買いを抑える方法については後日まとめていきます。

»Coming Soon

 

 

 

ADHDの人がお金の

管理が苦手なワケ

ものをなくす

ADHDの人がお金の管理が苦手な理由2つ目はものをよくなくすからです。

 

本当に、ものをよくなくします。

私の場合だと、2か月間で目薬を3つ買っています。

 

最近、掃除をしていたら穴あけパンチも2つ見つかりました

 

そう、ものをよくなくして、次々に買い足す。

なので、出費がほかの人の2倍かかるなんてことはざらです。

 

 

 

ADHDの人がお金の

管理が苦手なワケ

DHDの人は数字に弱い傾向がある

ADHDの人がお金の管理が苦手な理由3つ目はADHDの人は数字に弱いからです。

 

面白いデータを見つけました!

 

ADHDの人の多くが、「数字」がとても苦手ということです。

どういうメカニズムであるのかはまだはっきりしていません。たとえば「1万円支払った」という事実があったときに、実感」、もしくは「体感」できにくいということです。

(ーーー1部省略ーーー)

お金だけでなく、時間にまつわる数字でも同じことが言われています。8:00に出発しなければならない朝の仕度の時間に、デジタル時計で「7:45」と表示されているのを見ても、緊迫感がいまいち実感できない方が多いようです。それよりは、アナログ時計の針と針の間の角度で、残り時間を実感できるという感想を多く耳にします。

※1部省略して引用(要約)しています。

»朝日新聞

 

このことから、ADHDの人は数字に弱いことがわかると思います。

 

どうしたらいいか

では、そんなお金の管理が苦手なADHDの人はどう対策したらいいでしょうか。

今回は、その解決策を3つまとめてみました。

ADHDの人が

できる対策

自己管理

対策1つ目は、自己管理をすることです。

メモ帳を買って収入と支出を書き込んだり、エクセルに入力して管理することが対処の方法1つ目です。

 

自分で続けることができればおすすめできますが、私はそもそもやる気がでませんでした。

 

私と同じように、もっと楽をしてお金の管理を上手にやりたいという方は次の2つのうちどちらか1つを実践してみてください。

 

 

 

 

ADHDの人が

できる対策

誰かと一緒に管理

1人で管理していくことが面倒なら、誰かと一緒に行えばいいんです!

 

夫婦や家族間なら確認するのをお願いしたり、お金に余裕のある場合は税理士に丸投げするのもありだと思います。

 

それでも、私は面倒だと感じたので最終手段を実践しています。

 

 

ADHDの人が

できる対策

持ち歩くお金の金額を決める。

ググっていたら、おもしろい解決方法を見つけられました!

それが、持ち歩くお金の金額を決める。というものです。

 

1日3000円毎日財布に持ち歩き、その金額内で買い物や食事を済ませるという方法です。

 

単純計算で、1日3000円×30日で月9万円あれば実践できる方法です。

 

1日で3000円も使わず、おつりが出たらどうするのか?、といった問題点に関してもまとめられちました。

 

今すぐ実践できる節約術です!

 

もっと詳しい説明はこちらの記事を読んでみてください☟

»【ADHD】貯金が苦手な私が、無駄遣いを防いで毎月3万貯金してるたった2つのルール【発達障害】

 

💡まとめ。

今回は、ADHDが苦手な自分のお金の管理<一緒に対策しましょう!>

というタイトルで記事を

書いてみました。

 

短く要点をまとめて

記事を終わりにします。

 

 

お金の管理が苦手な理由

ADHDの人がお金の管理が苦手なことには、次の3つが原因とされています。

 

 

 

無駄遣いが多い

おもに衝動買いです。

 

友達が持っているものを見て、なんだかほしくなって、買ってみた。

でも、自分にとっては必要なものではなくて・・・。

 

こういったことがADHDの人には多いことだと思います。

 

衝動買いを抑える方法については後日まとめていきます。

»Coming Soon

 

 

 

ものをなくす

本当に、ものをよくなくします。

 

そう、ものをよくなくして、次々に買い足す。

なので、出費がほかの人の2倍かかるなんてことはざらです。

 

 

DHDの人は数字に弱い傾向がある

面白いデータを見つけました!

 

ADHDの人の多くが、「数字」がとても苦手ということです。

どういうメカニズムであるのかはまだはっきりしていません。たとえば「1万円支払った」という事実があったときに、実感」、もしくは「体感」できにくいということです。

(ーーー1部省略ーーー)

お金だけでなく、時間にまつわる数字でも同じことが言われています。8:00に出発しなければならない朝の仕度の時間に、デジタル時計で「7:45」と表示されているのを見ても、緊迫感がいまいち実感できない方が多いようです。それよりは、アナログ時計の針と針の間の角度で、残り時間を実感できるという感想を多く耳にします。

※1部省略して引用(要約)しています。

»朝日新聞

 

このことから、ADHDの人は数字に弱いことがわかると思います。

 

 

どうしたらいいか

では、そんなお金の管理が苦手なADHDの人はどう対策したらいいでしょうか。

解決策を3つまとめてみました。

 

 

自己管理

メモ帳を買って収入と支出を書き込んだり、エクセルに入力して管理することが対処の方法1つ目です。

 

自分で続けることができればおすすめできますが、私はそもそもやる気がでませんでした。

 

 

 

 

 

誰かと一緒に管理

夫婦や家族間なら確認するのをお願いしたり、お金に余裕のある場合は税理士に丸投げするのもありだと思います。

 

それでも、私は面倒だと感じたので最終手段を実践しています。

 

 

 

持ち歩くお金の金額を決める。

ググっていたら、おもしろい解決方法を見つけられました!

持ち歩くお金の金額を決める。という方法です。

 

1日3000円を毎日財布に持ち歩き、その金額内で買い物や食事を済ませるという方法です。

月9万円あれば実践できる方法です。

 

もっと詳しい説明はこちらの記事を読んでみてください☟

»【ADHD】貯金が苦手な私が、無駄遣いを防いで毎月3万貯金してるたった2つのルール【発達障害】

 

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

 

 

 

ねむ。🌙

 

コーヒーをおごる

私のブログを読んで、支援したいと思っていただけた際には、下記アドレスにてご連絡願います。

自動で返信対応を行っているので、その返信メール先にある説明よりご入金等お願いします。

 

また、下記アドレスへの送信の際には件名や内容を入力する必要はございません。

1円~送金可能です。

 

\ ねむ。を支援する /
support@tyuraumi.info

ねむ。
ねむ。
いただいたお金は、
スターバックスで作業を
する際に使わせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です