【知らなきゃ損!】栗原類~成功者に学ぶ発達障害~

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

このブログのマスター、ねむ。です!

 

今回は、発達障害を持っていて成功した

栗原類さんついて簡単にまとめてみました!

 

 

 

ねむ。
ねむ。
ニューヨーク帰りの
栗原類さん!

 

栗原 類/Louis Kurihara ar Twitter: “1時間切りましたが、17:55分 ...

 

 

 

生い立ち

 

イギリス人の父日本人の母を持つハーフです。

1994年の12月6日生まれで、6歳から11歳までは

ニューヨークで過ごしました。

 

モデルとしての活動を始めたのは5歳からで、

中学生からファッション誌に載ったりしていました。

 

高校生の頃にはアウト✖デラックス芸能★BANG+など、

バラエティー番組に出演するようになり、それがきっかで

ネガティブモデルとして有名になりました。

 

 

 

 

主な活動

 

バラエティー番組にも1時期でていましたが、

本業はモデルです。

 

2012年の10月には、ファッションイベントである

東京ガールズコレクションに初出場を果たしました。

 

雑誌に載ったりすることもありますが、以前は

アウトxデラックスに出演したり、俳優として

映画・ドラマに出演したりしていました。

 

CMでは日清ロッテのあのガムFit’s)、

ゲームでおなじみのGREEなど、

幅広いジャンルで活躍していました。

 

また、発達障害をテーマにした本も執筆しています。

 

 

 

 

どのような影響をもたらしたのか

 

栗原さんはADD注意欠陥障害)を持っていることを

2015年に公表しました。

 

栗原さんの場合には、小さいころ、

周囲にあまり興味を示さないといった感じで現れました。

 

母がスーパーに連れて行っても、商品を観て

「これってにんじんだよね!」と聞いたり、

「あの食べ物、何て読むの?」と

質問することがありませんでした。

 

アメリカから帰って日本で過ごした中学校生活では、

周囲とうまくいかなかったり、それが原因で

一時的な不登校も経験しました。

 

それでも、いま日本で仕事をしているうえで、

中学時代に経験した辛いことも

栗原さんにとって無意味にはなっていないはずです。

 

 

 

なぜ成功したのか

 

栗原さんが成功したのは、

母の影響も大きかったと思います。

 

小学1年生の頃に親子で検査を受けたとき、

2人とも発達障害だと認定されます。

 

そこで母は、周りに興味を示さなかったり、

周りとは違った態度をとる類さんに、

いいよ。人と違っても。

という言葉を伝えたそうです。

 

そもそも、いじめた側を叱るのが大人の務め。

いじめられるかもしれないから、みんなと同じに

育てたほうがいいというのは、おかしい。

とも言っていました。

 

 

このように母が類さんを理解でき、

アドバイスをできたことで類さんは

自己否定をせず、個性を伸ばしながら

成長することができたと思います。

 

その育った個性がバラエティー番組

でも生かされ、有名人になれたと思います。

 

 

まとめるとすると、母の助言から

自己否定をせずに済み、個性を伸ばして

生かすことが出来たから成功できた。

と思います。

 

 

 

 

意外なエピソード・魅力

 

一見矛盾しているような

おもしろい発言のエピソードを見つけました。

 

それが、

 

自身の性格について、「根暗、孤独、みじめ」、「ひねくれている」、「用心深い、考え深い」と分析し、自身ではネガティブだとは思わない、と述べている。

自身の魅力は、「物静かで、消極的なところ」と語っている。

 

Wikipedia より引用

 

という内容です。

孤独ひねくれていると言っているにも

関わらず、ネガティブと考えていない

ということに関心が湧きました。

 

また、栗原さんの魅力は何と言っても

ネガティブさです。

 

栗原さんのネガティブ発言を聞いたとしても

絶望的に落ち込んで、ベランダのドアから

身を乗り出して私も辛いんだよー!!って

叫びたくはならないですよね。

 

聞くと、逆に

そんな風に考えてたんだ!おもしろい!

と思って口角が上がったりすると思います。

 

 

ネガティブなキャラとして有名になり、

そのネガティブさで人々に笑顔を与える。

 

マイナスなイメージを持つ言葉を笑顔にするための言葉

に変えられることが栗原さんの最大の魅力だと思います。

 

 

 

💡まとめ

 

今回はファッションモデル俳優

栗原類さんについてまとめてみました。

 

小さいころから海外に出たり

周囲と合わせられずに辛い経験もたくさんあったと思います。

 

ときには、周囲からの孤立を感じたことだって

きっとあったはずです。

 

 

それでも、自己否定をせずに個性を伸ばせたことが

本当に素敵だと思います。

 

 

それから、魅力についていろいろまとめてみましたが、

彼ほどうまくネガティブな言葉で

人を幸せにできる人を知りません。

 

 

最後に、1つだけメッセージです。

それは、短所を短所と捉えるな振り回されるな

ということです。

 

短所こそ最大の長所という言葉を聞いたことがあると思います。

栗原さんの場合でも、たいていは短所と捉えられるネガティブ

を魅力とし、いまでは長所にもなっています。

 

だからあなたも、短所という言葉や短所への考え方

周りからの批判に振り回されず

逆にうまく生かすにはどうしたらいいんだろう・・・。

と考えてみて欲しいです。

 

必ず長所にする方法が見つかります。

 

そうなれば、それは”短所”ではなくて

あなたが生きていく上での1番の武器になります。

 

どれだけ時間をかけてでも、長所として活かせる方法

を探し続けてください。

 

 

でわ、今回も最後までありがとうございました!

またのご来店、お待ちしてます✨

 

(画像タップでねむ。のCafeのトップ画面に移動します。)

 

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です