別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

【サクッと読める。】HSPを持つ人に向いていない仕事

こんにちは、ねむ。です。

今日は、【サクッと読める。】HSPを持つ人に向いていない仕事

こういったタイトルで記事をまとめていきます。

 

それでは、最後までよろしくお願いします。

 

\ この記事を書いた人 /

Twitter
Twitter

Instagram
Instagram

 

HSPを持つ人に向いていない仕事

HSPを持つ人に向いていない仕事は、実は割とあったりします。

 

今回の記事では、HSPの特徴をもとに、向いていないと思う仕事をの特徴5つ紹介します

 

今回の記事の順番がこちらです。

 

本記事を読んでわかること

  • HSPを持つに向いている仕事の特徴5つを紹介
  • それぞれ詳しく解説します。
  • とにかく調べ、その会社でいいのか決断しましょう。

この記事が、あなたの仕事選びの参考になれば幸いです!

それでは、よろしくお願いします。

 

 

 

 

HSPを持つ人に向いていない仕事5選

HSPを持つ人に向いていないといわれている7つの仕事がこちらです。

  • 人とのかかわりが多い仕事
  • ノルマや売上目標が厳しい仕事
  • 体育会系の社風
  • シフト制(交代制)の仕事
  • 年齢層が偏っている会社

それぞれ、細かく解説していきます!

 

 

HSPを持つ人

向ていない仕事

人とのかかわりが多い仕事

HSPを持つ人に向ていない仕事1つ目が接客業です。

具体的に、こういった仕事があると思います。

  • レストランの店員さん
  • 訪問販売をする仕事
  • ケータイショップの営業

こういった仕事は、常に接客、接客で、ずーっと人とかかわっているイメージが強いですよね。

 

HSPを持つ多くの人は、ずーっと誰かと一緒にいることをストレスに感じる性質があります。

なので、こういった人とのかかわりが多い仕事は向いていないと思います。

 

 

HSPを持つ人

向ていない仕事

ノルマや売上目標が厳しい仕事

HSPを持つ人に向ていない仕事2つ目がノルマや売上目標が厳しい仕事です。

こういった仕事ですね。

  • 不動産屋さん
  • ケータイショップの店員さん
  • 訪問販売をする仕事

うえの項目でもケータイショップの店員さんと訪問販売をする仕事という例を出しました。

 

知っている方がほとんどかもしれませんが、実は、ケータイショップの店員さんも、訪問販売をする人も、売り上げのノルマが厳しかったりすることが多いです。

 

ケータイショップに関しては、元ケータイショップで働いていた方のYouTubeをみると理解してもらえると思います。

» 山d|自爆営業

 

ノルマの厳しい会社では、要領の良さや、機敏さが求められると思います。

こういった環境にHSPを持つ人はあまり向いていません。

 

 

HSPを持つ人

向ていない仕事

体育会系の社風

HSPを持つ人に向ていない仕事3つ目が体育会系の社風です。

  • 昔からやり方が変わらない仕事
  • 金融の仕事(銀行・公庫)

こういった仕事環境は、体育会系の社風な場合が割と多いです。

具体的にありそうなのが、精神論や根性論が多い成果をだすまで帰れないといった感じです。

 

体も心も壊れてしまう前に、自分にできる対策を考えてみましょう。

ねむ。
ねむ。
私でよろしければ
相談に乗ります!

フォローをしないのも、
捨てアカから送ることも
気にしないでください!

 

 

HSPを持つ人

向ていない仕事

シフト制の仕事

HSPを持つ人に向ていない仕事4つ目がシフト制の仕事です。

  • コールセンターでの仕事
  • 工場での仕事

シフト制の仕事がHSPを持つ人に向いていない理由が、

  • 一緒に働く人がコロコロ変わる
  • 仕事の時間も不規則になってしまう
  • 休みを取りにくい

といった3つの理由があります。

 

シフト制の仕事だと、働く時間も日によって違います。

そうなると、もちろんいっしょに働く人も日によって変わってきます。

 

こういった変化にHSPを持つ人は大きなストレス疲労不安を感じることが多いです。

 

そして、働く時間も決められているのでなかなか休みにくい、という人もいます。

 

自分で仕事環境や場所を決めておいた方がいいですね。

 

 

HSPを持つ人

向ていない仕事

年齢層が偏っている会社

HSPを持つ人に向ていない仕事5つ目が年齢層が偏っている会社です。

最後の項目ですね。

 

こういった仕事は年齢層が偏っていることが多いです。

  • ベンチャー企業
  • 新卒ばかり採用する会社

ベンチャー企業だと、多くの場合で年齢層がかたよりますよね。

 

また、新卒ばかり採用している会社も若い世代だらけで年齢層がかたよっていることもあるはずです。

 

HSPを持つ人はなぜ年齢層が偏っている仕事がおすすめできないかというと、相談しにくくなるからです。

 

まわりで同年代がいないと話しにくかったり、逆に同年代だらけでもちょっと苦しい部分がありますよね。

 

そういった意味でHSPを持つ人に年齢層が偏っている仕事はあまり向いていません。

 

 

仕事を押し付けられる可能性もあります。

あなたが周りよりも若い場合だと、仕事を押し付けられる可能性もでてきてしまいます・・・。

 

部活でも、多くの場合が後輩は先輩にこきつかわれることが多いと思います。

 

会社の場合でも割とこの法則が成り立つことが多いので、年上だらけの会社だと、一方的に仕事を押し付けられることがあるかもしれません。

 

入る前に、自分で調べるなり、ひとづてに調べるなりして年齢層を知っておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

とにかく調べ、自分のことを知ってから仕事・会社を決めましょう。

仕事内容と会社、それから自分についてもくわしく理解したうえで仕事と会社を決めましょう。

 

有名な企業だろうと、大手企業だろうと、ホワイト企業と言われている会社だろうと、実際にどういう会社なのかは調べてみたり、入社するまでは実態はわかりません。

 

そして、その仕事環境や仕事内容が自分に合っているのかもわかりません。

 

なので、次のことを調べられるだけ調べて、入社を決めてください。

  • 自分の好きなことと嫌いなこと
  • 自分の長所と短所
  • 会社の評判
  • 会社の年齢層や男女比
  • 会社の仕事内容

他にも会社によっては調べる必要があるかもしれません。

そのあたりは、自分で見つけてください。

 

ここで調べるのに手を抜いた分、入社してからギャップを感じる可能性が上がります。

 

面倒に感じることは当然のことだと思います。

ですが、未来の自分のために徹底的に調べておきましょう。

 

 

 

💡まとめ。

今日は、【サクッと読める。】HSPを持つ人に向いていない仕事

というタイトルで記事を書いてみました。

 

それでは、最後に軽く

内容をまとめて終わりにします。

まず、HSPを持つ人に向いていないと思う仕事がこの5つです。

  • 人とのかかわりが多い仕事
  • ノルマや売上目標が厳しい仕事
  • 体育会系の社風
  • シフト制(交代制)の仕事
  • 年齢層が偏っている会社

 

細かくまとめると文字数が多くなってしまうので、振り返る場合は上に読み返してください。

 

そして、最も大切なことはとにかく調べるということです。

自分のこと、会社のこと、仕事内容などを調べられるだけ調べて、いざ入社した時のギャップを感じずに済むようにしましょう。

 

未来の自分のためです!

 

それから、時間のある方は、コチラの記事も読んでみてください。

この記事を最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。Cafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

 

 

 

» 他のブログ記事も読んでみる。

 

ねむ。🌙

 

コーヒーをおごる

私のブログを読んで、支援したいと思っていただけた際には、下記アドレスにてご連絡願います。

自動で返信対応を行っているので、その返信メール先にある説明よりご入金等お願いします。

 

また、下記アドレスへの送信の際には件名や内容を入力する必要はございません。

1円~送金可能です。

 

\ ねむ。を支援する /
support@tyuraumi.info

ねむ。
ねむ。
いただいたお金は、
スターバックスで作業を
する際に使わせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です