別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

文章を書くことが苦手ならブログを書きましょう。

こんにちは。高校3年生で

ブログを書いているねむ。です。

 

今日は。文章を書くことが苦手なら

ブログを書きましょう。

といったテーマで記 事を

まとめていきます。

 

ねむ。のSNS

ねむ。
ねむ。
よろしければフォローも

お願いします!

\ Follow me! /

 

 

文章を書くことが苦手ならブログを書きましょう。

まず、最初に質問です。

 

あなたは、文章を書くことが好きですか?

私は間違いなくYes!!と答えます。

 

ここでNo!と答えたあなたに、

ぜひこの記事を読んでみてほしいです

 

変なタイミングかもしれないですが、

先に結論をまとめておきます。

✔この記事を読んでわかること
  • 書くこと・話すことができれば問題なし。
  • どっちも苦手でも、各地からは伸ばせます。
  • あなたもブログを書いてみましょう。

 

それぞれ順番にまとめていきます。

 

読み終わるころには、あなたもブログ

について勉強を始めるはずです。

 

 

大前提として、どっちも苦手な人はいない

大前提として、どっちも苦手な人はいません。

 

ここでいう”どっちも”とは、話すこと書くことの2つです。

 

たいていの人は、このうちのどちらかが得意です。

 

得意じゃないにしても、苦手意識がないはずです。

 

では、話すことが得意な人と書くことが得意な人で、ブログを書くまでの方法を簡単にまとめます。

 

 

 

話すことが得意な人はこうやってブログを書く

話すことが得意な人は、音声入力を使ってブログを書くことができます。

 

音声入力のアプリを使ったり。

 

私のオススメが、Googleドキュメントというツールです。

簡単に使い方を説明しておきます。

 

Googleドキュメントの音声入力

Googleドキュメントを開いて、空白を押して書き始めます。

そこでツールというところをクリックします。

 

そうすると、音声入力というものが表示されます。

 

さぁ、パソコン(スマートフォン)に向かって話しかけましょう。

 

※[Googleドキュメント 音声入力]で探せばやり方の説明が見つかります。

 

 

 

書くことが得意な人はこうやってブログを書く

話すことより書くことが得意なら、そのままパソコンかスマートフォンで書いていきましょう。

 

Instagramの投稿で長間の文章を書いてみたり、はてなブログやアメーバブログ(アメブロ)で会員登録をして書いてみたり。

 

スタートすることへのハードルは低いので、やってみることをおすすめします。

 

 

 

 

どっちも苦手な人へ

話すことも書くことも苦手な方は、・・・。

あきらめてください。

 

ではなくて、2つの手段があります。

 

  • 雑談する
  • 相手に質問する

それぞれかんたんにまとめていきます。

 

 

雑談する

一番ハードルの低く、そして割と楽な方法が雑談です。

 

直接会って話さなくても、TwitterやInstagramのDMで話したり、LINEでトークをしたり電話をかけたりして雑談をするのも含めています。

 

だとすると、話すことへのハードルがめちゃめちゃ低くないですか?

 

まず自分からメッセージを送って、雑談を続ける。

そして、軽く内容をまとめていってブログの記事にしていくイメージです。

 

 

 

相手に質問する

次におすすめなのが、相手に質問することです。

 

1つテーマを決めて、そのテーマに関係のあることを質問していくイメージです。

 

例えば、[ADHD]というテーマなら、こんな質問が出てくると思います。

質問の例
  • ADHDという言葉を知っているか
  • ADHDのイメージはどう持っているのか
  • あなた自身はADHDか
  • ADHDの人は周りにいるか

こういった感じで質問を作って、相手に質問していきます。

 

そこで相手の答えを参考にしてブログ記事を書いていきます。

 

 

 

 

本気でオススメします。

この”相手にす質問する”という方法は私もおすすめです。

質問することで身につくスキルがあるからです。

 

質問がスキルに結び付く理由は、

こちらの記事をどうぞ。

 

»ComingSoon…

 

それから、実際に私も質問して記事にまとめるということを実践中です!

参考になるかと思います。

»人生のターニングポイント!

 

 

 

そのあとに添削すれば終わり

では、自分で記事を軽く書いたとしましょう。

そのあとは、添削すれば完成していきます。

 

添削でやるべきことがこちらです。

 

  • 誤字脱字の確認
  • 改行の確認
  • 記事の装飾

記事を書いて、この添削を繰り返せばブログが仕上がっていきます!

 

 

 

 

ブログを書いてみましょう。

最後に、ブログを書いていきましょう。

 

あなたがここでなにも行動を起こさなければ、この記事を読んだ時間が無駄になります。

 

ブログを書くことが難しく感じるなら、メモアプリをダウンロードして日記をつけてみたり。

 

文章を書く習慣を身につけましょう!

 

 

 

 

まとめ。

今回は、文章を書くことが苦手なら

ブログを書きましょう。という

タイトルで記事を書いてみました。

 

短く要点をまとめて

記事を終わりにします。

 

 

大前提として、どっちも苦手な人はいない

ここでいう”どっちも”とは、話すこと書くことの2つです。

 

たいていの人はどちらかが得意です。

 

得意じゃないにしても、苦手意識がないはずです。

 

 

 

話すことが得意な人はこうやってブログを書く

話すことが得意な人は、音声入力を使ってブログを書くことができます。

 

私のオススメが、Googleドキュメントというツールです。

簡単に使い方を説明しておきます。

 

Googleドキュメントの音声入力

Googleドキュメントを開いて、空白を押して書き始めます。

そこでツールというところをクリックします。

 

そうすると、音声入力というものが表示されます。

 

さぁ、パソコン(スマートフォン)に向かって話しかけましょう。

 

[Googleドキュメント 音声入力]で探せばやり方の説明が見つかります。

 

書くことが得意な人はこうやってブログを書く

Instagramの投稿で長間の文章を書いてみたり、はてなブログやアメーバブログ(アメブロ)で会員登録をして書いてみたり。

 

スタートすることへのハードルは低いのです。

 

 

どっちも苦手な人へ

話すことも書くことも苦手な方は、・・・。

あきらめてください。

 

ではなくて、2つの手段があります。

 

  • 雑談する
  • 相手に質問する

 

雑談する

直接会って話さなくても、TwitterやInstagramのDMで話したり、LINEでトークをしたり電話をかけたりして雑談をするのも含めています。

 

雑談した内容をまとめていってブログの記事にしていきます。

 

 

相手に質問する

1つテーマを決めて、そのテーマに関係のあることを質問していくイメージです。

 

例えば、[ADHD]というテーマなら、こんな質問が出てくると思います。

質問の例
  • ADHDという言葉を知っているか
  • ADHDのイメージはどう持っているのか
  • あなた自身はADHDか
  • ADHDの人は周りにいるか

質問を作って相手に質問し、相手の答えを参考にブログ記事を書いていきます。

 

本気でオススメします。

質問がスキルに結び付く理由は、

こちらの記事をどうぞ。

 

»ComingSoon…

 

それから、実際に私も質問して記事にまとめるということを実践中です!

参考になるかと思います。

»人生のターニングポイント!

 

 

そのあとに添削すれば終わり

記事を書いたあとは、添削すれば完成していきます。

 

添削でやるべきことがこちらです。

 

  • 誤字脱字の確認
  • 改行の確認
  • 記事の装飾

記事を書いて、添削を繰り返せばブログが仕上がっていきます!

 

 

ブログを書いてみましょう。

最後に、ブログを書いていきましょう。

 

あなたがここでなにも行動を起こさなければ、この記事を読んだ時間が無駄になります。

今日は、これからの人生で最も若い。

 

 

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

ねむ。🌙

 

追記

また、文章は書き続けることでどんどんライティング力が上がります!

興味のある方はこちらの記事を読んでみてください。

»ComingSoon…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です