※ホームページ改装中につき 一部見えにくいかと思います。

実は強い<中途半端がサイキョーすぎる件>

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログマスターのねむ。です。

 

今回は、理由中途半端が

最強である根拠をまとめてみました。

 

あなたの考えを大豆から豆腐に

作り替えられるぐらい自信があります。

 

ではいきましょう!

 

 

 

 

中途半端は許されるべき

まず最初に、私は

中途半端であることは

許されるべきだ

と考えています。

 

「中途半端だっていいじゃないか!」

あなたもそう思ったことが

あるはずです。

 

これまで、子供の頃や大人になっても、

色んな方に

「中途半端は1番ダメだ。」

そう言われたことが

あるのでは無いでしょうか。

 

私自身も、以前はそう

思っていましたし、

先生などといった周りの大人に

よく言われていました。

 

いちばん悪いのは中途半端な

状態にいること、だと。

 

でも、いまになって

そんなことはないんじゃないか?

と思いました。

 

 

 

 

行動を起こせたあなたはすごい!

「何かをしよう」、と考える

ことは誰にでもできます。

 

では、その考えを実践するとします。

そうなると、勇気やる気

必要になります。

 

そこで、その勇気やる気

起こらなければ、考えただけ

で終わってしまいます。

 

口だけ人間になってしまう

ということです。

 

でも、行動を起こすことができたなら、

その人は、

  • 自分を変えたい
  • 自分を成長させたい

という意思が強かった

考えることができます。

 

1度物事を始めてしまえば、

その後に続けるのは始めること

よりも簡単に感じられます。

 

案外、始めるという行動を

起こすことが難しいですからね!!

 

 

何も行動を起こさない

口だけ人間よりも、

スタートを切って頑張れた。

 

このことが自分を成長させる

ことに繋がっています。

 

 

 

 

途中で辞めても経験になる

あなたが決心して始めてみた

ことを、途中で辞めてしまった

としましょう。

 

でも、いつかまた

続きをしようと思った時に、

ゼロから始めるよりも

何倍も楽に始められます。

 

過去の経験や状態が

残っているので、

必要な準備も少なく済んだり

失敗の回数を減らすことが

できます。

 

だから、まずは行動を起こせた

自分を褒めて下さい!

 

口だけ人間とは違って、

自分の意志を持って

行動を起こすことが

出来たのです!!

 

 

 

1つぐらいは成し遂げたほうがいい

考えてみて、そこから

行動を起こしてみた。

 

だからといって、

何でもかんでも途中で

投げ出してはいけません。

 

誰に何を言われたとしても、

これだけは最後まで

成し遂げたいと思えること

を決めてください、

 

そして、決心したことには

諦めたりせずに最後まで

努力を惜しまないように

して欲しいです。

 

 

💡まとめ。

今回は、実は強い<中途半端がサイキョーすぎる件>というテーマで中途半端がどんな状態なのかをまとめてみました。

 

軽く振り返りをしてこの記事を書き終えたいと思います。

 

中途半端は許されるべき

中途半端は、多くの人が悪い状態だと思っていしまっています。

でも、実際にはそんなことはないです。

 

行動を起こせたあなたはすごい!

考えることは誰にでもできますが、実践するにはやる気と勇気を必要とします。

 

行動を起こすことは成長したいと同じことなので行動を起こせているあなたはすごいです。

途中で辞めても経験になる

挑戦はしてみたものの、途中でやめてしまった。

 

それでも、全然ありです。

ナイストライです!

1つぐらいは成し遂げたほうがいい

挑戦をし、行動を起こせた。

これはすごいことですが、なんでも関d芽生中途半端で終えてしまうのはもったいないです。

誰に何を言われたとしても、

これだけは最後まで

成し遂げたいと思えること

を決めて、最後まで

努力を惜しまず継続してください。

 

 

今回も、最後までありがとうございました。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

 

(画像タップでねむ。のCafeトップに飛べます)

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です