別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

経験から語ります。|心の底から信頼できる人は作らない方がいい。

こんにちは、ねむ。です🌙

 

今回は、心の底から信頼できる人

作らない方がいい。という

理由と、そうならない方法

を解説します。

 

今回は、人によって意見が

分かれる内容だと思います。

 

ではいきましょう!

 

 

心の底から信頼できる人は作らない方がいい。

まず先にもう1度書いておくと、

心の底から信頼できる人は

作らない方がいいです。

 

その理由はこれから

解説していきますが、

  • つい依存してしまう
  • 関係が崩れるとやばい

という2つの理由があります。

 

それぞれ、順番に解説していきます。

 

 

 

依存してしまう

なんだかんだ、心の底から

信頼できる人に依存してしまいます。

 

人によっては依存しない

かもしれません。

 

ですが、その人の言ったことは

疑うことをせずすべて信じる

という状態になってしまう

可能性があります。

 

依存することは悪くない

といえばそう考えることも

できますが、依存すること

でのリスクを次の項目で

解説します。

 

 

 

関係が崩れるとやばい

依存している人、心の底から

信頼できる人との関係が

崩れてしまうと、どうなるでしょうか。

 

たいていの場合が病むと思います。

とかいう私は病みました。

 

病んだというか、その日は

ショックからか気分が

悪くなったり、眠りにくかったです。

 

関係が崩れてしまった瞬間、

すくなからずあなたの

心理状態に悪影響を与えます。

 

 

常に視点は自分においておく

では、心の底から信頼できる人を

作らないためにどうすればいいか

をまとめていきます。

 

一言でいうと常に視点を自分に向ける

ということで、方法は2つあります。

 

  • 頼る人を分散させる
  • ゆずれないことを作っておく

この2つの手段があります。

 

 

頼る人を分散させる

頼る人を分散させておけば、

1人の人物に依存する、

という状態は必然的に

作れなくなります。

 

頼る人を分散させる方法は、

次の2つがあります。

項目で分ける

簡単に言えば、勉強に関しては

A君に頼る、恋愛に関しては

Bさんに、ブログに関しては

ねむ。に頼るといった感じです。

 

困ったときにはそれぞれその

分野を得意にする人に聞いていく。

 

こうした感じで頼る人を

分散させることができます。

 

いわゆる冗長化ですね。

 

優先順位を作る

次に、頼る人に優先順序を作る。

 

このぐらいの悩みなら

まいこさんに、もう少し

大きめの悩みならモツナベさんに、

とにかく早く意見が欲しいなら

ねむ。に聞く。

 

こういった感じで

  • 悩みの大きさ
  • 返事が速い方がいい

などの項目で

悩みをわけ、優先順位で

わけていく。

 

このように悩み事に

優先順位をつけ、頼る人を

分散させることができます。

 

 

ゆずれないことを作っておく

心の底から信頼できる人を

作らないためにできる

2つ目の方法が、

絶対にゆずれないこと

を作っておくことです。

 

マインドセットと言ったり、

夢を持つといった感じです。

 

親や友人に否定されても

絶対に曲げない何かを

持っておくことで

相手に依存することがなくなります。

 

 

ちょいメモ

矛盾したことを書いて

終わりにします。

 

心の底から信頼できる人は

作ってもいいです。

 

ただし、次の2つのこと

をおこなうことが条件です。

 

 

 

守るべき条件

ゆずれないことを持っておく

ちょうどすこし前にも

書いていますが、

ゆずれないことを持っておく。

超重要です。

 

夢でも、マインドでも、

理念でも、何でもいいので

誰に何と言われようと絶対に

崩さない何かを持っておいてください。

 

私の場合は、

起業して誰もが笑顔で暮らせる

社会を実現させる

ことを理念にもって生きています。

 

 

守るべき条件

疑うことを忘れない

これも前の項目のどこかで

書いています。

 

疑うことを忘れない。

 

人間なので、誰しも

間違うことはあります。

 

なので、どんなに信頼している

人間でも、ときには疑うことも必要です。

 

 

  • ゆずれないことを持っておく
  • 疑うことを忘れない

 

この2つの行動ができれば

心の底から信頼できる人を

作ったとしても、依存することや精神的に病むことはないです。

 

 

 

💡まとめ。

今回は、心の底から信頼できる人は作らない方がいい。というタイトルで記事を書いてみました。

 

短く要点をまとめて記事を終わりにします。

 

 

心の底から信頼できる人は作らない方がいい。

心の底から信頼できる人は作らない方がいいです。

 

理由はこれから解説していきますが、

  • 依存してしまう
  • 関係が崩れるとやばい

という2つの理由があります。

 

 

依存してしまう

心の底から信頼できる人に依存してしまいます。

 

人によっては依存しないかもしれませんが、その人の言ったことは疑うことをせずすべて信じる、という状態になってしまう可能性もあります。

 

 

関係が崩れるとやばい

心の底から信頼できる人との関係が崩れてしまうと、たいていの場合が病むと思います。

とかいう私は病みました。

 

病んだというか、その日はショックからか気分が悪くなったり、眠りにくかったです。

 

 

常に視点は自分においておく

では、心の底から信頼できる人を作らないためにどうすればいいかをまとめていきます。

 

一言でいうと常に視点を自分に向けるということです。

 

  • 頼る人を分散させる
  • ゆずれないことを作っておく

この2つの手段があります。

 

 

頼る人を分散させる

頼る人を分散させておけば、1人の人物に依存する、という状態は必然的に作れなくなります。

 

頼る人を分散させる方法は、次の2つがあります。

 

項目で分ける

勉強に関してはA君に頼る、恋愛に関してはBさんに、ブログに関してはねむ。に頼るといった感じです。

 

困ったときにはそれぞれその分野を得意にする人に聞いていく。

こうした感じで頼る人を分散させることができます。

 

 

 

優先順位を作る

次に、頼る人に優先順序を作る。

 

このぐらいの悩みならまいこさんに、もう少し大きめの悩みならモツナベさんに、とにかく早く意見が欲しいならねむ。に聞く。

 

悩みの大きさや返事が速い方がいいなどの項目で悩みをわけ、優先順位で分けていく。

 

悩み事に優先順位をつけ、頼る人を分散できます。

 

 

 

ゆずれないことを作っておく

2つ目の方法が絶対にゆずれないことを作っておくことです。

 

マインドセットと言ったり、夢を持つといった感じです。

 

親や友人に否定されても絶対に曲げない何かを持っておくことで相手に依存することがなくなります。

 

 

ちょいメモ

矛盾したことを書いて終わりにします。

 

心の底から信頼できる人は作ってもいいですが、2つのことをおこなうことが条件です。

 

条件

ゆずれないことを持っておく

超重要です。

 

夢でも、マインドでも、理念でも、何でもいいので誰に何と言われようと絶対に崩さない何かを持っておいてください。

 

私の場合は、起業して誰もが笑顔で暮らせる社会を実現させることを理念にもって生きています。

 

 

 

条件

疑うことを忘れない

これも前の項目のどこかで書いています。

 

疑うことを忘れない。

 

人間なので、誰しも間違うことはあります。

なので、どんなに信頼している人間でも、ときには疑うことも必要です。

 

 

 

長い間書いてない期間が

あったにもかかわらず、

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

 

 

 

 

ねむ。🌙

 

コーヒーをおごる

私のブログを読んで、支援したいと思っていただけた際には、下記アドレスにてご連絡願います。

自動で返信対応を行っているので、その返信メール先にある説明よりご入金等お願いします。

 

また、下記アドレスへの送信の際には件名や内容を入力する必要はございません。

1円~送金可能です。

 

\ ねむ。を支援する /
support@tyuraumi.info

ねむ。
ねむ。
いただいたお金は、
スターバックスで作業を
する際に使わせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です