別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

ADHD夫婦における離婚率<実は・・・。>

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログマスターのねむ。です。

 

今回は、ADHD夫婦における離婚率

というテーマでまとめてみました。

ではいきましょう!

 

まずは離婚率を見てみる。

先にADHD持ち夫婦における

離婚率について、2つの資料から

考えていきましょう。

 

参考データ

アメリカではどちらか一方が発達障害の夫婦は、72%の高い確率で離婚しているというデータもあります。
全夫婦の離婚率が3割程度の日本に比べて、元々アメリカでは4~5割程度と高い数字にはなっているのですが、それをふまえても72%というのは多い割合です。

»発達障害を理由に離婚できる?答えを出す前に知って欲しい7つのこと

 

参考データ

発達障害を持つ20代~30代前半の500人を対象にしたアンケートでは9割が未婚。
また、その他の1割のうち4人に1人が離婚経験あり。

本文より1部省略し抜粋

»発達障害生活調査 結婚や離婚について500人に聞きました

このデータから、すこしでも

ADHDにおける離婚について

わかったでしょうか??

 

離婚率が高いか低いかの基準は

人それぞれの判断に任せます。

 

でも、ここで分かってほしいのは、

ADHDが原因で離婚する人は存在する

ということです。

 

 

離婚する理由を説明

ADHDを持った夫婦が離婚する理由に関しては前回の記事でまとめてあります!

 

簡単にまとめたものがこちらです。

  • 価値観が合わない
  • 約束を守らない
  • 片づけをしない
  • ADHDだと知ったから

主にこの4つの理由から離婚しています。

 

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

»ADHD夫婦の離婚理由と対処法【明日からすぐ実行できる!】

 

 

 

離婚率からみる男女比

ADHDを持っているのが

男性の場合と女性の場合では

差が出るのか、調べてみました。

 

キーワードはADHD 離婚 男女比です。

 

複数のサイトを見てみましたが、

求めているデータは見つけられませんでした。

(何か情報を持っている方はコメント欄で教えてほしいです!

そのサイトのリンクも貼ってもらえると助かります!)

 

今回は調べられなかったので、

私の知識をもとに予想してみます。

 

 

 

ねむ。の仮設

私は、男性がADHDの場合に

離婚する確率が上がると考えています。

 

そもそも、ADHDの男女比は

圧倒的に男性のほうが多いです。

 

成人する以前で考えると、

その差はもっと大きいです。

詳しいことは後日まとめていきます。

»後日記載。

 

人口比で見た時にADHDを

持っている人の割合は、

男性のほうが多いです。

 

なので、男性がADHDを

持っている場合に離婚することが

多いと推測します。

 

 

💡まとめ。

今回は、ADHD夫婦における離婚率<実は・・・。>というタイトルで記事を書いてみました。

 

短く要点をまとめて記事を終わりにします。

 

まずは離婚率を見てみる。

離婚率について2つの資料から考えていきましょう。

 

参考データ

アメリカではどちらか一方が発達障害の夫婦は、72%の高い確率で離婚しているというデータもあります。
全夫婦の離婚率が3割程度の日本に比べて、元々アメリカでは4~5割程度と高い数字にはなっているのですが、それをふまえても72%というのは多い割合です。

»発達障害を理由に離婚できる?答えを出す前に知って欲しい7つのこと

 

参考データ

発達障害を持つ20代~30代前半の500人を対象にしたアンケートでは9割が未婚。

また、その他の1割のうち4人に1人が離婚経験あり。

本文より1部省略し抜粋

»発達障害生活調査 結婚や離婚について500人に聞きました

離婚率が高いか低いかはひとそれぞれのの判断に任せます。

 

でも、ここで分かってほしいのは、発達障害が原因で離婚する人は存在する、ということです。

 

 

 

離婚する理由を説明

ADHDを持った夫婦が離婚する理由を簡単にまとめたものがこちらです。

  • 価値観が合わない
  • 約束を守らない
  • 片づけをしない
  • ADHDだと知ったから

この4つが理由で主に離婚しています。

 

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

ADHD夫婦の離婚理由と対処法【明日からすぐ実行できる!】

»ADHD夫婦の離婚理由と対処法【明日からすぐ実行できる!】

 

 

離婚率における男女比

ADHDを持っているのが男性の場合と女性の場合では差が出るのか、調べてみました。

 

が、複数のサイトを見てみましたが、求めているデータは見つけられませんでした。。

 

今回は調べられなかったので、私の知識をもとに予想してみます。

 

 

ねむ。の仮設

私は、男性がADHDの場合に離婚する確率が上がると考えています。

 

ADHDの男女比は圧倒的に男性のほうが多いです。

詳しいことは後日まとめていきます。

»後日記載。

 

人口比で見た時にADHDを持っている人の割合は、男性のほうが多いので、男性がADHDを持っている場合に離婚することが多いと推測します。

 

 

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

 

 

 

ねむ。🌙

 

コーヒーをおごる

私のブログを読んで、支援したいと思っていただけた際には、下記アドレスにてご連絡願います。

自動で返信対応を行っているので、その返信メール先にある説明よりご入金等お願いします。

 

また、下記アドレスへの送信の際には件名や内容を入力する必要はございません。

1円~送金可能です。

 

\ ねむ。を支援する /
support@tyuraumi.info

ねむ。
ねむ。
いただいたお金は、
スターバックスで作業を
する際に使わせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です