誰もが癒される素敵な空間に!

ADHDにとっての天職の特徴 Best4|【迷ったらこの内容を参考に。】

ようこそ、 ねむ。のCafeへ✨
当ブログマスターのねむ。です。
 
今回は、 ADHDにとっての天職の特徴 Best4|【迷ったらこの内容を参考に。】
というテーマでまとめてみました。
ではいきましょう!
 

 
 
 
[toc]
 

ADHDにとっての

天職の特徴

スポンサードリンク
この記事の目次

人とのかかわりが少なくて済む仕事

ADHDにとっての天職の特徴1つ目は、人とのかかわりが少なくて済む仕事です。
 
ADHDの人は人と一緒にいるだけで疲れを感じる、という人が多いです。
 
なので、そういった人との交流のすくない職場はADHDにとって天職であると考えます。
 
でも、私の場合はコロナによって学校に行けなくなり、人との交流が全くない環境になったときに、うつ状態になった経験があります。
 
人とのかかわりがすくないことは疲れにくくなるかもしれませんが、ゼロになったしまうと私と同じようにうつのような状態になることがあるかもしれません。
 
なので、ある程度の人とのつながりは必要であると覚えていてください。
 

 
 

ADHDにとっての

天職の特徴

自分のペースで働ける

ADHDにとっての天職の特徴2つ目は、自分のペースで働ける仕事です。
 
なかなかそういった職場は重いくお思い浮かばないかもしれません。
 
私自身も思いつきませんでした。
 
自分で会社を作るにしてもお客さんに納期は決められています。
スポーツ選手にしても、練習時間や食事など、すべてが管理されています。
 
サラリーマンも仕事時間が決められているので、その間は椅子に座っていなければなりません。
 
という風に、たくさんのパターンをそれなりの文字数で上げてみても自分のペースで働ける仕事というのは見つからないことがわかります。
 
そこで、1つ自分なりの考えをまとめます。
 
私が考える自分のペースで働ける職場は、
自分の都合に合わせてくれる職場
だと考えています。
 
自分の働きたい日に仕事を入れて、休みたい日には休み、働いた時間の分だけお金を受け取る。
 
具体例を挙げると勤務日数の少なくて済むアルバイトです。
自分の働きたい時間だけ働いて、その働いた時間を給料という形で手に入れます。
 
就職するよりもハードルが低く、割と自分に合ったペースで働けるかなと思います。
 
就職よりもバイトをお勧めする理由に関しては後日まとめていきます。
 

»ComingSoon…

 

 
 

ADHDにとっての

天職の特徴

確認してくれる(もちもの、締め切り、計算ミスなど)

ADHDにとっての天職の特徴3つ目は、確認してもらえる環境にある仕事です。
 
以前記事でも書きましたが、ADHDの人はそうでない人に比べて仕事でミスをしやすいです。
 

[card id=”2995″]

»ADHDが仕事でミスをする理由|<対処法まで説明済み>

 
なので、そういったミスを確認してくれたり、予定や締め切りを伝えてくれる人のいる職場は働きやすいと思います。
 
私も約束や期日を忘れたり、引き算などで計算ミスをすることが多いので何か新しいことをするときには2人以上に確認してもらっています。
 

 
 

ADHDにとっての

天職の特徴

変化のある仕事

ADHDにとっての天職の特徴4つ目は、変化のある仕事です。
 
こちらも以前の記事でまとめていますが、ADHDの人は同じ作業の繰り返しが飽きやすいです。
 

[card id=”2995″]

»ADHDが仕事でミスをする理由|<対処法まで説明済み>

 
 
飽きることでどうなるかを簡単にまとめるとこんな感じです。

同じ作業が飽きてしまう理由

 
という負の連鎖でつながっていきます。
 
でも、変化のある仕事だと気持ちをリセットすることができ、注意力や集中力を保ちやすいです。
 
職場で緩急が変わりそうにないなら、ボールペンを買い替えてみるなど、小さな環境から変えてみましょう。
 

 

?まとめ。

今回は、 ADHDにとっての天職の特徴 Best4|【迷ったらこの内容を参考に。】
というタイトルで記事を
書いてみました。
 
短く要点をまとめて
記事を終わりにします。

 

人とのかかわりが少なくて済む仕事

ADHDの人は人と一緒にいるだけで疲れを感じる、という人が多いです。
 
なので、人との交流のすくない職場はADHDにとって天職であると考えます。
 
でも、人とのかかわりがゼロになったしまうと私と同じようにうつ状態になることがあるかもしれません。
 
ある程度の人とのつながりは必要であると覚えていてください。
 
 
 

自分のペースで働ける仕事

具体例は思いつきませんでした。
 
そこで、1つ自分なりの考えをまとめます。
 
私が考える自分のペースで働ける職場は、
自分の都合に合わせてくれる職場
だと考えています。
 
具体例を挙げると勤務日数の少なくて済むアルバイトです。
自分の働きたい時間だけ働いて、その働いた時間を給料という形で手に入れます。
 
就職するよりもハードルが低く、自分に合ったペースで働けるかなと思います。
 
 

»ComingSoon…

 
 
 
 
 

確認してくれる環境にある仕事

以前記事でも書きましたが、ADHDの人はそうでない人に比べて仕事でミスをしやすいです。
 

[card id=”2995″]

»ADHDが仕事でミスをする理由|<対処法まで説明済み>

 
なので、ミスを確認してくれたり、予定や締め切りを伝えてくれる人のいる職場は働きやすいと思います。
 
 
 

変化のある仕事

こちらも以前の記事でまとめていますが、ADHDの人は同じ作業の繰り返しが飽きやすいです。
 

[card id=”2995″]

»ADHDが仕事でミスをする理由|<対処法まで説明済み>

 
 
飽きることで起こる変化をまとめるとこんな感じです。

同じ作業が飽きてしまう理由

 
でも、変化のある仕事だと気持ちをリセットすることができ、注意力や集中力を保ちやすいです。
 
まずはボールペンを買い替えてみるなど、小さな環境から変えてみましょう。
 
 

 
今回も最後まで読んでくれて
ありがとうございます。
 
このブログ ねむ。のCafeでは、
こういった 生活に役立つ
情報を毎日更新しています。
 
これからもぜひお時間のある
時に読みに来てください!
 
またのご来店お待ちしてます✨
 

 
 

ねむ。?

 

コーヒーをおごる

私のブログを読んで、支援したいと思っていただけた際には、下記アドレスにてご連絡願います。
自動で返信対応を行っているので、その返信メール先にある説明よりご入金等お願いします。
 
また、下記アドレスへの送信の際には件名や内容を入力する必要はございません。
1円~送金可能です。
 

\ ねむ。を支援する /
support@tyuraumi.info

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]いただいたお金は、
スターバックスで作業を
する際に使わせていただきます!
[/word_balloon]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事の目次