※ホームページ改装中につき 一部見えにくいかと思います。

片付けができない理由<きっとあなたも苦手な片付け>

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

 

今回は、ADHDと片付けについて

解説していきます。

 

ADHDじゃなくても、片付けが

苦手な人は共感できるかもしれません。

 

でわ、さっそく考察していきましょう!

 

 

✅ADHDの人が片付けが苦手な理由

まず、ADHDの人が片付けが

苦手な理由は3つの理由がある

と考えられます。

3つの理由 ╱

    1. 興味や関心がすぐにが変わる
    2. ものを捨てられない
    3. そもそも散らかっている
      ことを意識していない

 

 

1つづつ解説していきます。

 

 

かたづけができない
本当の理由

興味や関心すぐにが変わる

ADHDの人は同じことに対しての

集中力があまりない、と言われています。

 

そのため、1つのものをだして、

次にあれもやろう。

思ってまた別のものを出して、・・・。

 

といった行動が延々と

繰り返されていきます。

 

そこで片付ければいいのですが、

私のように

  • 好きなことにしか集中できない
  • 1つのことに熱中してしまって
    ほかのことに考えが回らない

ということも多いです。

 

なので、片付けをして

次のものを出そうという

発想に至らず、次に使うものを

どんどん出してしまいます。

 

これが興味や関心すぐにが変わる

ために片付けができなくなってしまう

大きな原因です。

 

 

かたづけができない
本当の理由

ものを捨てられない

ものを捨てられないことも

ADHDの特徴の1つです。

 

  • 捨てることへの恐怖だったり、
  • 次使うことになるかもしれないから
    今捨ててしまってはもったいない

と考え、ものを捨てられなく

なってしまいます。

 

大掃除などをしたときに、

捨てようか迷うものがあって

とりあえず残しておこう

と思った経験があると思います。

 

あれと同じ感覚です。

 

いつか使うかもしれない!

捨てたら困るかもしれない!

 

そんな思いがADHDの人には

人1倍あるので、

物を捨てることへの抵抗が強く、

ものをため込んでしまいます。

 

これがものを減らせなくなり、

片付けられなくなってしまう原因です。

 

 

かたづけができない

本当の理由

そもそも散らかっていることを
意識していない

3つ目のそもそも散らかっている

ことに意識していないについてです。

 

散らかっている部屋でも、

ADHDの人にとっては

散らかっていると感じなかったり、

散らかってるかどうかを

考えることすらなかったりします。

 

そのために散らかった状態を

作り出してしまいます。

 

女性ならバッグの中が

散らかっているから、

デートの時にカバンを

持たせたくない、

という方もいました。

 

散らかっていると感じても

片づけをする気力が

出てこなかったり、

そもそも散らかっていると

考えることすらなかったり

するのがADHDです。

 

 

 

 

✅片付けをするには

では、そんなADHDの人が

散らかすことに対する

対処はできるのでしょうか?

 

私は、3つ考えてみました。

    1. ものを減らす
    2. 代わりに片付ける
    3. 何度も片づけをする

この順にまとめてみます。

 

 

 

ADHDの人が散らかすこと

にできる対処

1、ものを減らす

そもそも、ものがなければ

散らかることはありません。

 

なので、ものを減らすことを

行えば散らかりが改善されます。

 

例えば、

100均で買えるものから捨てていく

など、捨ててもそこまで高くなかったり

手に入れやすいものから

捨てていくことをお勧めします。

 

100均なら後で使うことになっても

100円だからいいか。

捨てることに対するハードルを

低くすることができます。

 

 

ADHDの人が散らかすこと

にできる対処

2、代わりに片付ける

そもそもどう片付けたらいいのか

わからないかもしれません。

 

なぜなら、普段片づけをしなかったり

そもそも散らかっているという

認識をしていないからです。

 

なので、散らかっていない状態を

教えることがADHDの方が

片付けをしやすくなる方法です。

 

 

 

ADHDの人が散らかすこと

にできる対処

3、何度も片づけをする

人間は1度や2度では

簡単に習慣は身に付きません。

 

何度も一緒に片づけを行い、

片づけをするという習慣を

身に着けていきましょう。

 

 

 

 

対処できなかった時

上の項目の3つの方法に

取り組もうと思えなかったり、

やっても駄目だった時・・・。

 

私は、片づけをあきらめる

という行動をおすすめします。

 

人間には得意不得意があります。

その不得意を克服するのは

確かに素晴らしいことです。

 

でも、不得意を克服する

という行動が、大きなプレッシャーや

つらいことになる可能性があります。

 

人間はこう見えて繊細な生きものです。

そういった苦痛やプレッシャーが

精神的な問題になるかもしれません。

 

だから、無理して克服しようとせず、

片付けをあきらめることを

おすすめします。

 

その代わり、得意なことを

どんどん伸ばしてください。

 

1つでも得意なものがあると

人はとても輝いて見えます。

 

弱点を塗りつぶすぐらいの

気持ちで好きなこと・得意なことを

より得意にしていきましょう!

 

 

 

 

💡まとめ。

今回は、ADHDの人が

    • 片付けが苦手な理由
    • 片づけをできるようにする方法
    • 片付けが無理ならどうするべきか

について書いてみました。

 

軽くまとめて終わりにします。

 

まず、

  • 興味や関心すぐにが変わる
  • ものを捨てられない
  • そもそも散らかっていることを
    意識していない

という3つの理由ADHDの人は

片付けがなかなかできません。

 

だから、

  • ものを減らす
  • 代わりに片付ける
  • 何度も一緒に片づけをする

といった3つの方法で対処できる、

とお伝えしました。

 

それでも無理なら、

片付けを克服することを

あきらめて好き・得意を追求する

ことをオススメしました。

 

自分にできないことは

誰かにやってもらい、

誰かが困っていたら助ける。

 

そうすれば世界は回り続けます。

自分にできることを

より追求していきましょう!

 

今回も最後までありがとうございました。

またのご来店お待ちしてます✨

(画像タップでねむ。のCafeトップに飛べます)

 

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です