別のサイトを製作しているので更新は遅れます。

実はめちゃめちゃ効果アリ!?【ADHDとカフェイン】

こんにちは、ねむ。です。

 

今回は、ADHDとカフェインの関係

というテーマでまとめていきます。

 

みなさんもふだんは、こういった

目的のためカフェインを

とっているはずです。

  • 集中力を長持ちさせる
  • 眠気を覚ます

 

私も実際にテスト前の一夜漬け

をするときに、眠気覚まし集中力の維持

を目的として使っていました。

 

では、本題に戻ります。

ADHDにとってカフェインは、

いったいどんな効果があるのでしょうか?

 

今回は、それを明らかにしていきます!

 

ADHDにカフェインは効果があるのか?

そもそもADHDを持つ人に対して、カフェインは

効果があるのか、というところからが

重要なポイントだと思います。

(この記事のタイトルにもなっていますよね。)

 

先に結論を言うと、ADHDを持つ人に

カフェインは効果があります。

 

まず、人がカフェインを摂取することで

得られる効果がこちらです。

  • 脳が覚醒する
  • 集中力が高まる
  • 眠気を抑えられる

 

これはADHDを持つ人に対しても同じで、

カフェインを摂取することで

脳の覚醒を促すことができます。

 

そのため、ADHDを持っていない人と

同じようにカフェインを

摂取することで、様々な効果を

感じることができます。

 

 

カフェインを飲むことでどんな効果を得られるのか?

上にも書いているように、

カフェインを摂ることで

脳の覚醒を促します。

 

それによって集中力を高めたり、

眠気を抑えることができます。

 

実は、そのカフェインの与える

効果がADHDの症状を緩和する

ことにもつながっています。

 

実験されたこともあります。

カフェインに関しての

ある実験を紹介します。

 

ある研究者は、ADHDを持った

子どもを2つのグループに分け、

こんな研究を行いました。

 

おこなわれた研究

1つのグループにはADHD患者用の薬を、

もう1方のグループにはコーヒー

あげてみる、という研究です。

すると、コーヒーを飲んだグループは

薬を飲んだ子どもたちと比べて効果は

薄くても元々より多動性が収まった

という結果がでています。

 

薬の効果とカフェインの効果を比較します。

ここで、ADHDへの治療薬に

含まれている主な効果と、

カフェインの摂取することで

得られる効果を比較してみます。

 

実は、どちらも似たような効果が含まれていて、

主な効果が次の3つです。

 

  • 記憶力を上げる
  • 集中力を向上させる
  • 多動性を抑える

 

これら3つの効果に関して影響している、

脳の覚醒を促すという人に働きかける

ポイントが薬もカフェインも同じ

なのでこのような研究結果で

ADHDの症状を抑えられるのでしょう。

 

 

 

カフェインをとる上で気をつけること

ADHDを持った人も、そうでない人も

カフェインをとるうえで

気をつけるべきことは同じす。

 

具体的には、気を付けるべきことは2つあります。

  • カフェイン中毒にならないように気を付ける
  • カフェイン依存症にならないように気を付ける

中毒も依存性も同じような気がするかもしれませんが、ちょっと違います。

 

わかりやすいように、それぞれ解説していきます。

 

 

カフェインを摂るうえで

気を付けるべきこと①

カフェイン中毒にならないように気を付ける

カフェインを摂るうえで

気を付けるべきこと1つ目が、

カフェイン中毒にならないように

気を付けるということです。

 

毎日2〜3杯ぐらいなら

コーヒーなどを毎日飲んで

いたとしても、問題ないと思います。

 

ですが、6、7杯飲むことが習慣化

してしまうと危険です。

 

体にカフェインへの

耐性ができてしまい、

効果を得られなくなったり、

中毒症状を引き起こしたり・・・。

 

最悪死に至ることがあります。

 

 

 

カフェインを摂るうえで

気を付けるべきこと②

カフェイン依存症にならないように気を付ける

カフェインを摂るうえで

気を付けるべきこと2つ目です。

 

上に書いたカフェイン中毒と

似た意味になりますが、

依存することも危険です。

 

カフェインの摂取を

やめられなくなってしまっては、

薬物などに依存してしまう状態と

変わりありません。

 

なので、摂取量に気をつけて

適度に取ることを心がけましょう。

 

何事も、適量が大切です。

 

 

💡まとめ。

今回は、実はめちゃめちゃ効果アリ!?【ADHDとカフェイン】

というタイトルで記事を

書いてみました。

 

かるくまとめていきます。

まず、ADHDを持つ人がカフェインを

摂取することで得られる

主な効果が、次の3つです。

 

  • 記憶力を上げる
  • 集中力を向上させる
  • 多動性を抑える

 

この3つの効果はADHDの治療薬とほぼ同じ効果で、

注意力や判断力を上げる

ことができたり、多動症を

おさえることができます。

 

カフェインを適量で使えば、

ADHDを持つ人も、そうでい人も

メリットを最大限に引きだす

ことができます。

 

ですが、使用量を間違えたり、

依存してしまっては薬物に

頼っていることと同じです。

 

何事にも適量がありますか。

 

しっかり自分に合った量

日々の生活にカフェインを

活用してください!

 

最後までありがとうございました!

またのご来店、お待ちしています

 

ねむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です