【動物で癒される】~アニマルセラピー~

ヘッダー画像

ウサギを飼いたい!!
フワフワしてて、可愛くて、丸い、あのウサギ!!

見てるだけでも癒される〜

 

 

そんなウサギを飼いたい!!

大人になったり、一人暮らししたら絶対に飼う!!

 

「近寄るウサギ」の写真

https://www.pakutaso.com/20130728189post-3005.html

ぱくたそより引用

 

こんにちわ!
ねむ。です。

 

唐突に「ウサギを飼いたい」から始まったこの文章。

そうです!

ウサギが飼いたい!!

 

というわけですが、タイトルにある”アニマルセラピー”という言葉を知っていますか??

アニマルセラピーは、動物を使ったセラピー手法のこと。日本での造語である。 医療従事者が治療の補助として用いる動物介在療法と、動物とのふれあいを通じた生活の質の向上を目的とする動物介在活動に分類される。 アニマルセラピーの利点として、生理的利点心理的利点社会的利点の3点が挙げられる。

Wikipediaより引用

一言でまとめると、「動物と触れ合うことでリラックスする」、ということです。

 

これは、いま大きく注目されていて、日本でも様々な場所でこの活動がされています。

小学校や公共施設に動物と共に訪問し、動物と触れ合ったり。

 

外国では、図書館に犬を入れ、犬に対して読み聞かせをする、ということをしているところもあるようです。

 

カウンセラーさんなど人と接することは苦手でも、動物と接することは好き。

そういった方にお勧めのストレス対処法です。

 

そこで、アニマルセラピーによって得られる効果について調べてみました。

ペットを飼っている人は飼っていない人より、年間20%前後病院に行く回数が減ったと言うデータがあります。 ドイツでは7500億円、オーストラリアでは3000億円もの医療費が、ペットの影響によって削減されています。
心臓疾患の患者さんに対する調査では、ペットを飼っている人は1年後に53人中3人死亡、飼っていない人は1年後に39人中11人死亡と言う、死亡率に大きな差が生じています。 一方、施設で長期に渡り生活をされている高齢者や障がいをお持ちの方は、犬などと触れ合う事により会話や笑顔が増え、表情の変化などの改善も見られるなど、 ペットによる効果が高く評価されているのです。

https://animal-t.or.jp/html/about-animaltherapy/more-animaltherapy.html

日本アニマルセラピー協会の文より引用

また、その活動を行う方を”アニマルセラピスト”と呼ぶそうです。

このアニマルセラピストというものになるには、資格が必要になるようです。

その資格を取るには、最小限の動物の知識や世話・健康管理・コントロールなどの修得が必要になるようです。

また、福祉活動従事者としての精神や最低限の知識も必要になります。

この2つの条件を満たせば、年齢や性別に関係なく、だれにでもなることができるそうです。

資格取得後は、犬を飼っていないなければ協会所属の協会所属のセラピー犬を借りて活動でき、飼っている場合は愛犬がセラピードッグとして認定を受けることで一緒に活動することができます。

 

「振り返る犬」の写真

https://www.pakutaso.com/20170344073post-10645.html

ぱくたそより引用

 

アニマルセラピストは動物とかかわりたい方にお勧めで、獣医よりもなりやすいかと思います。

 

給料の相場は16~20万円前後ですが、正社員として就職した場合でも兼任して他の業務を行うのが殆どで、その他の知識や技術の習得が必用になる場合もあり、給料も業務内容に依存する場合があるそうです。

 

そんなアニマルセラピストですが、今後需要が高まっていくと思います。

考えられる理由としては、新たに注目されている活動ということや、機械化が進む上えで動物によるストレス対処がより貴重なものになると思います。

また、ボランティア活動として行っている方も多いそうです。

 

 

 

今回は、最近注目されているアニマルセラピーについての活動についてまとめてみましたが、もっと身近なもので考えると、猫カフェなどがあります。

個人的に、上の内容と同じような感覚だと思います。

動物を観たり、触れ合ったりすることで癒される。

根本的なところは変わっていません。

 

自分の好きなタイミングで、自分の好きな方法で、自分の好きな動物で。

貴方なりにリラックスの方法をとってください。

 

「お昼寝子猫」の写真

https://www.pakutaso.com/20190600156post-21134.html

ぱくたそより引用

 

でわ、この記事のまとめ

 

まとめ

・アニマルセラピーは近年注目されてきている治療である

・誰にでも動物を使って治癒行為をする”アニマルセラピスト”になることができる。

自分なりのリラックスの方法をしよう!

 

ということです。

 

久しぶりの投稿でしたが、今回もありがとうございました!

これからもよろしくお願いします。

 

 

でわ、また次の記事でお会いしましょう!

ー☕ねむ。🍰ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です