【ADHD】薬を飲むか・飲まないか、飲ませるか<迷っている方へ>

 

 

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログのマスター、ねむ。です!

 

 

今回は、ADHDの薬を飲もうか迷っている方、飲ませようか迷っている方に向けてお話しします。

そもそも、ADHDについてなのですが、詳しくはこちらに書かれているのでまだ読んだことがないという方はぜひ読んでみてください!

 

わかりやすいADHDの解説

 

 

 

 

でわ、ADHDの方は薬を飲むべきか、飲ませるべきかに薬を飲ませるべきかについてまとめていきます。

また、今回書いてある内容はあくまで私の意見です!

そのことをふまえた上で読んでください。

 

 

 

 

 

ADHDの人は薬を飲むべき

 

私が思うに、”飲みたいなら飲む、飲みたくないなら飲まない”でいいと思います。

 

薬を飲むと起こること

飲むことで大きなメリットが得られる。

薬に頼り過ぎてしまうと薬物中毒になってしまう。

飲み始めてすぐは副作用もある。

飲み続けても副作用を感じることがある。

 

 

でわ、早速1つづつまとめてみますね。

 

錠剤の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

 

 

 

飲むことで大きなメリットが得られる!

 

実際に

 

記憶力が上がる

集中力が高まる

理解力が高まる

 

主に、これら3つの効果が期待されるので、ADHDの方の生活が楽になるはずです。

生活に異常をきたす症状を感じている人はぜひ1度試してみてもいいのかもしれません。

 

 

くぅぅぅううううう(気分爽快)

 

 

 

 

薬に頼り過ぎる薬物中毒なってしまう!

 

薬物療法は、ADHDの方には大きな効果が期待されています。

ですが、飲み続けていくうちに効果がないと感じて飲む量や回数を勝手に増やしたりしてしまうと、効果をだんだんと感じにくくなってしまい、薬物中毒者と同じような症状を起こしてしまうかもしれません。

 

 

なので、薬を飲む量をしっかりと守ったり、量を増やそうと思ったなら医師に相談してからにする、といったことをしっかり守れば大丈夫だと思います。

 

 

 

また、ある国では、ADHDでない方が受験での集中力を高めるために服用していた方もいるようです。

受験の時期だけできっぱり終わってしまえばよかまだよかったのですが、そのあともことあるごとに使い続けしまっていたそうで・・・。

結果的には、薬に頼り切った生活になってしまったそうです。

 

 

 

 

 

飲み始めてすぐは副作用もある!

 

飲み始めてすぐにはいろいろな副作用を感じてしまう方もいるそうです。

 

私が聞いたことのあることだと、

 

一時的な体重減少

食欲の低下

睡眠障害

 

などですが、この他にもいろいろあるようです。

副作用については今後の記事でまとめていくので、ぜひ待っていてください。

 

 

 

飲み続けても副作用を感じることがある!

 

実際に、飲み続けていてもいろいろな副作用を感じることもあるそうです。

主な症状として、

 

吐き気が出てくる

アイデアが思い浮かばない

アイデンティティがわからなくなる

 

などがあります。

また、人によっては飲み始めたころからの副作用がずーっと続くこともあるそうです。

 

 

悲しみ気分が晴れない

 

 

ADHDの人に薬を飲ませるべき

 

私が思うに、最初にも書いた通り”飲みたいと思っているなら飲ませる、嫌がっているなら無理に飲ませない”方がいいと思います。

なぜなら、上でも書いているようにメリットもありますが薬なのでやはり副作用が現れる可能性もあるからです。

 

 

ADHDの人はそうでない人よりも心配事や悩みが多いです。

そして、それらの悩みを薬を服用することで解決できるかもしれませんが、副作用の方が辛く感じてしまう可能性だってあります。

 

 

また、ADHDに効く薬をや、メンタルに関する薬を飲んだことの無い人が初めて飲むことには恐怖心も強いはずです。

なので、余計な心配や恐怖、ストレスを与えないためにも無理に進めることは避けたほうがいいと思います。

 

 

 

実際、私はまだ薬を飲んでみたことがないですし、あまり飲んでみたいとは思えていません。

当然、生活で苦労していることもあります。

 

 

でも、薬を飲むことへの抵抗がまだあったり、カウンセリングなどを受けたことがないのでどの程度症状なのかもあいまいです。

近いうちにカウンセリングに行くことがあれば相談してみる予定です。

 

気分は上々でスキップする女性のシルエット

 

 

💡まとめ

 

このような理由から、得られるメリットもある半面、日常生活に新たに出てくる可能性のある悪影響もあります。

なので、飲みたいと思ったなら試してみる、というのがいいと私は思います。

周りの方も、無理に飲ませようとせず、本人が飲みたいと思うのを待ってからすすめてみる方がいいと思います。

 

 

もしあなたが飲もうか迷っているのなら、カウンセラーの方や医師に相談してみてもいいのかもしれません。

それで飲んでみようと思ったなら飲んでみて、それでも嫌だと感じたら飲まなくてもいいと思います。

無理に飲んで、副作用でもっと苦しんだりしてしまうと辛いですからね💦

 

 

でわ、今回はここまでです!

最後までありがとうございました。

またのご来店お待ちしています!

 

 

(画像タップでねむ。のCafeのトップ画面に移動します。)

 

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です