【読むだけで誰もが理解できる】ADHDの解説!!<前編>

みなさんこんにちわ!

前回からの更新が早めにできました!

 

 

と書ける!、と思っていたら、急用が入ってしまってなんだかんだ更新が遅れてしまいました・・・。

気を取り直していきましょう!

 

 

さて、今回はだいぶ前から書いてみたいと思っていた記事について書いていきます。

どちらかというと、こういった内容の記事を書くためにブログを始めたわけですし。

でわ、早速書いていきます。

 

 

今回のテーマは、ADHDについてです。

今回は文字数の関係で前編後編の2部に分けて書いていきます。

 

 

できれば両方読んでほしいのですが、あまり時間がないという方は2部の真ん中辺りを読んでください。

重要事項だけまとめておきます。

 

 

でわ、早速学んでいきましょう!

「草原にうつ伏せてカメラを構える女子高生」の写真

 

 

 

そもそもADHDとは?

 

 

ADHDの名称は、「Attenuation Deficit Hyperactivity Disorder」のそれぞれの頭文字をとったものです。  注意欠如多動性障害ADHD)は、学校に行く前の子どもから成人まで幅広く見られる発達障害の1つで、不注意多動性衝動性の症状が特徴です。

元住吉こころみクリニックの文より引用

 

 

このように、不注意多動性衝動性が目立ち、欠点しかないように捉えられることが多いです。

 

近年は大人のADHDが注目されていて、特に大人になってから仕事でのミスが多くなったり、いつも叱られてばかりいると感じることが増えて、周囲や自身がADHDではないかと疑って受診するパターンが増えているようです。

もう少し細かく説明していきます。

 

 

ADHD3のタイプ3つの症状

上にもある通り、ADHDは不注意多動性衝動性の3つの症状が主である発達障害です。ADHDのタイプは、大人と子どもで少し違っていて、下記の3種類ずつで分けられています。

 

<3種類に分別

・不注意だけが目立つタイプ(不注意優勢型

・多動・衝動性だけが目立つタイプ(多動衝動性優勢型

・両方が混在するタイプ(混合型

 

の3タイプで更に分かれています。

 

 

要するに、不注意が目立つ患者さんしかいない、ということはなく、逆に多動性だけが目立つ性格の方もいます。必ずしもこれら3つの症状が見られる、ということはないのです。

また、現在は多動性衝動性よりも不注意の目立つ方のほうがADHDの症状の中心と考えられています。

その理由は、多動性や衝動性の症状は小さな子どもではよく見られますが、年齢とともに落ち着いていく傾向にある為です。

 

 

その一方で、不注意といった症状はほとんどが大人になっても持続してしまいます。なので、大人のADHDの方は不注意の症状に悩まされることが主になっています。

 

 

 

ADHDにおける不注意について

不注意は、すぐに気がそれる集中できない忍耐力がないといった形で現れます。

この現れ方には大人と子供で微妙に違いがあります。

 

 

子どもの場合】

 

・1つの物事を最後までやり遂げることが難しい

物をなくす忘れ物が多い

・身の回りの整理整頓がとても苦手

 

 

 

大人の場合】

 

・なかなか仕事に集中できず、また、単純なミスが多い

・時間や約束を守れずトラブルになることが多い

・部屋や職場の机がいつも散らかっている

 

 

などの症状がみられます。

 

 

 

ADHDにおける多動性について

多動性とは、動いてはいけない場面で動き回ってしまうしゃべるのが止められないといった活動性が異常に高いといったことで現れます。

 

これも大人と子供に分けて考えてみると、

 

子どもの場合】 

・授業中にじっと座っていられない

静かに本を読んだり遊んだりができない

・レストランなどで歩き回ってしまう

・無意味に危険な行動をする

 

 

大人の場合】

 

・貧乏ゆすりやそわそわとした態度が仕事中にも目立つ

落ち着いて食事や会話ができない

 

 

などの症状がみられます。

 

 

 

ADHDにおける衝動性について
最後に、衝動性とは、我慢ができない思いつきですぐに行動してしまう欲求をすぐに満たそうとするといった形であらわれます。これも大人と子供で比べてみると、

 

 

子どもの場合】

・遊びで自分の順番を待てない

・相手の話を聞かず自分が話し出してしまう

・他人のものでも勝手に使ってしまう

 

 

大人の場合】

・列に並んだり待ったりするのが苦手

・すぐにイライラする

衝動買いが止められない

 

などの症状が多くみられます。

よろしければ、そのまま後編も読んでいってください。

 

 

後編はこちら

 

 

 

でわ、また次の記事で会いましょう!

☕ねむ。🍰