【たった5分で理解できる】多くの人が勘違いしている”ADHD”

この記事を読むのにかかる時間: 2

みなさん、こんにちわ!

ねむです。

 

今回の記事は、ADHDについてまとめてみることにしました。

ぜひ、知識と理解を深めていってください。

 

 

 

 

本題に入る前に、いつもの雑談タイムです。

まず、最近は”えある”さんという方をビジネスパートナーにしました。

その方については、今後まとめてみよう、と思っています。

 

それから数日後に、なんか名前の読みにくい方で、略称が”イオ”という方もビジネスパートナーとして採用しました。

こんな私に2人もついてきてもらえて、本当に感謝しています。

フォロワー1000人突破したら、ご飯に行きたいですね~。

もちろん、各自自腹で!(まだ収益あんまり出てないので!)

 

 

 

みなさんも、質問や要望などあれば、私に質問箱でもDMでも送ってくだい!

パートナーの方への質問でしたら2人の方にに聞いて、公開可能範囲内でお答えします。

 

 

でわ、そろそろ本題に入りましょう!

 

 

 

すこし前には、医者の方々のホームページを参考にADHDについてまとめています。

ADHDについて全く知らない、という方はぜひこちらも読んでみてください。

 

【読むだけで誰もが理解できる】ADHDの解説!!<前編>➡コチラ

 

【読むだけで誰もが理解できる】ADHDの解説!!<後編>➡コチラ

 

 

それで、これらの以前に書いた記事にはあまり私の感情などが入っていませんでした。

そこで、今回はそれとは別で感情など、といった、ADHDの方の本音について書いていきます。

 

まず、私自身がADHDだということを知ったのは2019年の6月ごろだった気がします。

知ってすぐの頃には特に困ったことはなく、「そうなんだ。」ぐらいにしか思ってませんでした。

 

でも、しばらく生活していくと、高校生活でも大きな変化があったのでADHDとしての辛さを自覚し始めました。

例えば、集中力が長続きしなかったり落ち着きがない、ということです。

 

学校内では与えられた課題に集中できます。

でも、家とかになるとなかなか集中できなくて・・・。

テスト前の勉強などもなかなかですね。

 

落ち着きがないっていうのは、何かしていないと落ち着かないって感じです。

座ってるときには貧乏ゆすりをしてしまっていたり。

健康にはいいんですけど、いい印象は与えないですよね、、

 

それから3つ目に、忘れ物が多いです。

ものをなくすことも多かったり。

提出物が期限内に出せないことが多いのもこれらが関係していることがほとんどです。

 

 

親にも時々注意されてます。

 

これら3つが一番苦労することになります。

 

もう一つ挙げるとしたら、一つのことにしか集中できなかったり、そのことだけをずーっとしてしまう、ということです。

 

何かしてる時に人に話しかけられて、返事はしてもすこしすると何を言われたか忘れてしまったり。

 

でも、興味のあることにはとことこん探求できるので、ADHDを持っていて成功している方もたくさんいます!

これはADHDを持っている方の武器ですね!

 

いろいろ苦労していることに書いてみましたが、そもそもADHDを持っているだけで他の人よりも多少なりともハンデが出てしまうんですよね、、

 

すこし話は変わりますが、時間があるときにでもこの動画を観てほしいです。

動画はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=XgfmyXLAcAQ&feature=youtu.be

YouTube わたゆりチャンネルさんより

この動画を観て、私も心が救われました。

告白する勇気”と、”受け止める優しさ”。

どちらかが欠けているとこんな展開にはなりません。

 

【※彼女の病※】俺「この薬なに?」 彼女「風邪薬だよー気にしないで!」不審に思い薬の名前を検索した結果・・・https://yomu-yomu.net/1107

 

いつかのタイムラインでは、こういったものを読んだことがあります。この内容はとても残酷で、悲しくなりました。

 

でも、わたゆりチャンネルさんたちが導き出した答えにはとても感動しました。

 

ADHDは、持っている本人が一番辛いことが多いです。

だからADHD人1倍辛さを知っていて、人に優しくできることもあります。

 

周りの人にも迷惑をかけてしまうことが多いかと思うADHDですが、周りの人が支え合っていってほしいです。

そして、「自分はADHDである。」と告白してきた人を受け止めてあげてください。

相手に自分の持っているしょうがいや気質を伝えることは、とても勇気のいる行動です。

 

信頼していたり、親しみを持っている方にならなおさらです。

「このことを伝えたら、もしかすると関わりを絶たれてしまうかもしれない。」

そう思いながらも、相手に知って欲しい。そう勇気を振り絞ってあなたに伝えたのです。

それで、そのことを知っても多くの方には広めないでください。

 

相手は、あなただから伝えたのです。

いつかは自分から伝えていくかもしれませんが、勝手に広められてしまうのは恐怖でしかありません。

私の場合でも、初めのうちにはあまり人には知ってほしくなかったです。

 

でも、一部の信頼できる人や信頼できる人に話したり、相談していくことですこしは慣れてきました。

でも、勝手に広められるのはまだまだ克服できていない部分もあります。

 

 

 

 

話を戻しますが、ADHDであると告白してきた方を見捨てないでいて欲しいです。

生活していく上ではどちらにも苦労が大きいです。

でも、悪いことだけではないはずです。

 

カップルでしたら、ポジティブに考えて、上のような互いにいい関係を気づけるような人が増えることを心から願っています。

友だちだったら、相手のことをサポートできる部分はサポートしてあげたり。

苦労は大きくても、きっと、何か得られるものがあります。

 

持っている障がいや気質のせいで好きなことが出来なかったり、差別されてしまう。

これらを世界からなくしていきたいです。

 

そろそろ〆に入ります。

今回も最後までありがとうございました。

 

まだまだ理解されていなかったり、認知度の低いADHD。

すこしでも知識を増やすことができていたらとても嬉しいです。

 

もしよろしければ、記事の一部をスクショして感想のレビューをインスタグラムに書いたり、Twitterにシェアしてほしいです。

 

一人でも多くの方に知って欲しいことなので、拡散してもらえると嬉しいです。

 

でわ、最後に。

 

でわ、また次の記事で会いましょう!

今日も素敵な一日になりますよーに!!

☕ねむ。🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です