※ホームページ改装中につき 一部見えにくいかと思います。

ADHD診断の流れ【病院編】

ようこそ、ねむ。のCafeへ✨

当ブログマスターのねむ。です。

 

今回は、ADHD診断 病院

というテーマでまとめてみました。

ではいきましょう!

 

 

 

まずはサイトとかでやってみる

まず、この記事を読んでいる方は「私ってADHDなのかな?」と感じている方だと思います。

落ち着きがないといわれることが人より多かったり、集中力がないと自覚があったり。

 

すぐに病院に行って診断を受けることもいいことだとは思いますが、まずはインターネットなどで診断してみることをお勧めします。

 

その理由が、

✅ネット診断も案外信用できる

✅病院で診断するにはお金がかかる

✅人によっては大きなハードルと感じる

からです。

 

私は病院が提供しているこちらのサイトをお勧めします。

»ADHDのセルフチェックシート

 

病院にいく

では、次に病院について説明します。

まずやるべきことは、心療内科(もしくは精神科)に、事前に電話をかけ「ADHDの診断は可能ですか?」と確認しておくことです。

 

病院によっては診断ができない、という場合もあるからです。

絶対に忘れないようにしてください。

病院でやること

次に、病院でおこなうことについて説明します。

基本的には書いてある通りの順番ですが、1つ目と2つ目の順番が逆になることがあります。

 

チェックシート

さきほど病院のURLを貼ったように、まずはADHDかどうかを判断するためのチェックシートを渡されます。

シートのタイプには何種類かあります。

  • 選択肢がはいかいいえのみのパターン
  • 選択肢が3つ以上の中から選ぶパターン
  • 質問にチェックをつけるだけのパターン

これらの質問に答えたうえで点数を計算し、その点数からADHDなのかを判断します。

 

話をする

チェックシートを書き終えたら、話をします。

未成年の場合は保護者も一緒に行うことが多いです。

(大人の場合もそうなのかもしれません。)

 

その理由が、子供の幼少期からの情報を保護者から得ることでより正確な診断ができるからです。

本人が覚えていない小さい頃の状態でも保護者は覚えていることが多いのでとても重要なことです。

 

また、ADHDは遺伝する傾向があるので親がADHDであることも同時にわかる場合もあります。

 

 

症状によって治療方針を決める

最後に、治療方針を決めます。

基本的には3つあって、

  • 薬物療法
  • 定期的なカウンセリング
  • 医療に頼らず治療する

ことがあります。

 

 

 

日常生活に大きな影響が出ているなら薬物療法を行うケースがほとんどです。

といったように、ADHDの程度によって変わってきます。

 

詳しくはこちらの記事で書いてみたので、お時間があれば読んでみてください。

 

»ADHDの3つの治療法<知識として知っておくべきこと>

💡まとめ。

今回は、ADHDあるある3選!

というテーマで書いてみました。

 

最後に今回の記事を簡単にまとめて記事を書き終わります。

まずはサイトとかでやってみる

すぐに病院に行って診断を受けることもいいことだとは思いますが、まずはインターネットなどで診断してみることをお勧めします。

 

私は病院が提供しているこちらのサイトをお勧めします。

»ADHDのセルフチェックシート

 

 

病院にいく

病院に行く前にやるべきことは、心療内科(もしくは精神科)に、事前に電話をかけ「ADHDの診断は可能ですか?」と確認しておくことです。

 

病院によっては診断ができない、という場合もあるからです。

 

病院でやること

次に、病院でおこなうことについて説明します。

基本的には書いてある通りの順番ですが、1つ目と2つ目の順番が逆になることがあります。

 

チェックシート

まずはADHDかどうかを判断するためのチェックシートを渡されます。

シートのタイプには何種類かあります。

 

質問に答えたうえで点数を計算し、その点数からADHDなのか判断します。

 

 

話をする

未成年の場合は保護者も一緒に行うことが多いです。

(大人の場合もそうなのかもしれません。)

 

その理由が、子供の幼少期からの情報を保護者から得ることでより正確な診断ができるからです。

 

 

症状によって治療方針を決める

3つの治療方法があって、

  • 薬物療法
  • 定期的なカウンセリング
  • 医療に頼らず治療する

があります。

ADHDの程度によって変わってきます。

 

詳しくはこちらの記事で書いてみたので、お時間があれば読んでみてください。

 

»ADHDの3つの治療法<知識として知っておくべきこと>

 

 

今回も最後まで読んでくれて

ありがとうございます。

 

このブログねむ。のCafeでは、

こういった生活に役立つ

情報を毎日更新しています。

 

これからもぜひお時間のある

時に読みに来てください!

 

またのご来店お待ちしてます✨

ねむ。のCafeホームに移動します。)

🌙ねむ。☕🍰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です