「残波岬」迫力ぬ絶景 断崖絶壁がすごい

「残波岬」迫力ぬ絶景 断崖絶壁がすごい

うちなー本島っし夕日が最後んかい沈む場所、うりが残波岬。はりた日んかいー絶景が楽しめる。

うちなー本島最西端ぬ残波岬ー、東シナ海んかい面ちゃん岬。はりた日んかいー慶ゆた間諸島まで眺望できる絶景ぬ観光地として人気がある。周囲ー自然ぬままぬ海岸線っし、高さ約30メートルぬ断崖が約2キロん続ちょーん。磯釣りやダイビングぬポイントとしてん地元ぬっちゅからん愛されとーん。
残波岬ぬある読谷村ー観光名所が充実。那覇空港から約1時間30分とぅアクセスん便利で、ロマンチックなあかなー楽しめるスポットとしてんおすすめ。

残波岬んかい来るとぅ、ただひたすら海とぅ空眺めとーんことがうふさん。すると時折、沖ふにが通る。そんな風景見とーんとぅ、故郷ぬ石垣島からうちなー本島までやってきたこと思い出して、またまーがんかい旅んかい出たくなる。残波岬ーそんなふうに、旅情誘う場所だとぅ思う。
写真生業とぅしてうぅんわんねー、若さる頃からうちなーぬ景勝地っし観光写真撮っていたんけれど、残波岬ー最も好きな場所ぬてぃーち。くまーうちなー本島ぬ最西端やくとぅ、夕陽ぬ絶景スポットとして写真愛好やーぬ間っしー有名。地元ぬ釣り人んかいん大人気ぬ場所っし、潮回りぬゆたさる日んかいー釣り客でもにぎわうとーん。自然ぬままぬ海岸線がじょうとうのだけれど、波や風が強さる時ぬ波打ち際ー危険やくとぅ、くれぐれも気つけて。

地元ぬっちゅたちが祈り捧げるパワースポット

うちなーぬ海岸ぬ多くー、珊瑚礁が隆起してできたん琉球石灰岩っし覆われとーん。残波岬ん鋭くてゴツゴツした岩場が広がっとーんくとぅ、裸足やビーチサンダルっしあっちゅんのー危険。特にヒールぬある靴履ちょーんいなぐー足元んかい気付けて。
みーぬ前ぬ灯台やおーさる海んかいみー奪われがちだけれど、少し下向いて歩いてみるとぅ、岩場ぬあちこちんかいくーさる草花が一生懸命咲ちょーんことがわかる。さらにじっくり観察してみるとぅ、石灰岩んかいきれいなけーぬ化石が埋まっていたりんする。やーぬ付きぬ拝所んいくちかあるけれど、隠れたん岩場んかいん聖地とぅ呼ばりーん場所があって、地元ぬっちゅたちが祈り捧げるためんかいふぃさしげく通うパワースポットっしんあるんだ。

日本一ぬ特大シーサーとぅ記念撮影
残波岬ー、読谷村ぬ公共施設である「残波岬いこいぬあしびなー」ぬ中んかいある。県民ぬ憩いぬ場として、休日んかいーやーにんじゅ連れやカップルっしにぎわうくぬあしびなーぬシンボルとして、ひときわみー引くのがくぬ巨大シーサー。高さ8.75メートル、長さ7.8メートルんある日本一ぬ特大しーさーだ。読谷村出身ぬ彫刻やーである金城実さんが中心とぅなり、村民1000人余りぬ共同参加っし作り上げたんそう。なまっしー、遠く見据える大しーさーとぅぬ記念撮影が残波岬観光ぬ定番んかいなっとーん。
また、あしびなー内ぬ動物コーナーんかいーフィージャーが飼われていて、わらびたちがエサやりなどぬふれあい楽しろーん。うちなーっしーヒージャーとぅ呼ばれてまーんかいでもうぅんフィージャーだしが、こちらん動物好きないなぐわらびたちぬ記念撮影スポットんかいなっとーん。

琉球王朝時代ぬあちねーぬ神様、泰期(たいき)ぬ像

くまっし琉球王朝時代ぬ豆知識てぃーち。1373年、琉球王朝時代んかい察度王(さっとおう)ぬ御名代として、中国んかいぬ初ぬ進貢使とぅなったん読谷村出身ぬ人物がうぅん。うぬ名ー泰期(たいき)。中国ぬ歴史んかい初めて名留めたん琉球王朝時代ぬキーパーソンだ。読谷村ぬ豪族やたん泰期ー、中国ぬ文物琉球んかい正式ルートっし導入した先駆者やたん。中国んかいぬ渡航ーなんと5回。ふにんかいぬいんことーぬちかじりやたん時代ぬ話やくとぅ、泰期ぬ勇気や使命感ー並大抵ぬものやあらん。うぬビジネス能力とぅグローバルな感覚讃え、「あちねーぬ神様」として、故郷ぬ地んかいくぬモニュメントが建てられとーん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする