東洋一 ちゅらかーぎー やさ 玉泉洞 

東洋一 ちゅらかーぎー やさ 玉泉洞 

玉泉洞

玉泉洞(ぎょくせんちゃー)ー、うちなー県南城市玉城字前川んかいある鍾乳洞である。 1967年3ちち、愛媛大学学術探検部が調査行うたん結果、初めてうぬ全容が明らかんかいされたん。 1972年4ちちんかい、株式会社南都によって観光用として公開されたん。現在ー「うちなーワールド 文化王国・玉泉洞」ぬ一施設とぅなっとーん。

かつてー「ウワーガーガマ」とぅ呼ばれていたんが、1972年んかい「玉泉洞」ぬ名っし「玉泉洞文化村」ぬ一施設である観光洞としてオープン。なお、「玉泉洞文化村」ー後んかい幾度か改名行い、現在ー「うちなーワールド 文化王国・玉泉洞」とぅなっとーん。

港川んかいとぅ流れ出る雄樋川(ゆうひがわ)ぬ河谷ぬ東側、地下30mんかい水流があり、くりが洞窟内流れとーん。上流っしー雄樋川から流れ込み、下流っしー再びくぬ川んかい流れ入る[1]。観光用とぅなっとーん部分ー洞窟ぬ主洞にあたり、約800mほどであるが、洞窟全体ぬ総延長ー5000mんかい達する(現在、公開されとーんのが890m)。くれーうちなー県内っし最大である。

無数ぬ大石筍が林立する大広間「東洋一洞」ぬ奥んかい位置する、白銀ぬロケットぬような石柱(昇龍ぬ鐘)ー有名。 洞内んかいみじが豊富で、二次生成物ん豊富である。 石灰分多く含むみじが大量に流れ込む環境から、県外んかいある鍾乳洞んかいくらべ鍾乳石ぬ成長がふぇーく、つらら石ー3年んかい1mmというスピードっし成長してうぅん。 鍾乳石ぬ数ー100万本以上。

旧入道口ぬトンネル状階段ー、洞内ぬ一定した温度条件利用した古酒(クース)ぬ甕ぬ貯蔵場所として利用されとーん。

洞内んかいーリュウキュウコキクガシラコウモリ・オオゲジ・カマドウマなどぬ陸生動物、体ぬ白さるテナガエビぬ一種やミジンコ・ワムシなど水棲動物が生息してうぅん。

洞内んかい流れ込らんみじによって運ばれたん土砂ー、洞内っし砂礫(れき)堆積地層作っとーん。くぬ地層ぬ中んかいー1万5千年前んかい絶滅したとぅ考えられとーんリュウキュウジカぬ骨ぬ破片化石ぬほか、リュウキュウヤマガメぬ化石やサメぬ歯ぬ化石が含まれとーん。(リュウキュウジカぬ化石ー洞内っし見学可能)海ぬ生物ぬ化石ー、別ぬ地層から分離し水っし洞内んかい流されてきたものが堆積したものとぅ考えられとーん。

[アクセス]車っしー,那覇空港から30分(南風原ふぇーICっし下りて10分),なーふぁ市内から40分弱っし,県道17号線沿いぬ「うちなーワールド」目指します。バスーなーふぁバスターミナルから83番・54番っし40分ほど

「黄金の盃」

「青の泉」

「龍神の池」

「地煙の滝」

「初恋広場」?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする